CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲第4番、『フランチェスカ・ダ・リミニ』 ネルソンス&バーミンガム市交響楽団

チャイコフスキー(1840-1893)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
コメント
:
キズ小
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
ORFEO860111
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ネルソンス&バーミンガム市響による
チャイコフスキー・シリーズ第3弾
あふれかえる歌心と、このうえなくホットな激演
第4交響曲&『フランチェスカ・ダ・リミニ』


アンドリス・ネルソンスは、2010年秋、ベルリン・フィルへのデビューを果たしたのに続いて、2011年9月にもベルリン・フィルに再登場して注目を集めるいっぽう、オペラでもMETやロイヤル・コヴェント・ガーデンなどにおける華々しい成功のニュースでも知られる、いま話題沸騰の若きマエストロ。
 手兵バーミンガム市響を指揮した最新アルバムは、ネルソンスの得意とするチャイコフスキー。交響曲第4番と幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』は、ともに2011年6月に本拠バーミンガムのシンフォニー・ホールにおいて行われた定期公演の模様をライヴ収録したものです。
 『チャイコフスキーの音楽とはすべて人生における感情的な瞬間から出来ている』との持論を熱っぽく展開するネルソンスは、その言葉どおりにバーミンガム市響を指揮した第5交響曲『悲愴』でもたいへん情熱的で、心を揺さぶるスケールのゆたかな音楽づくりには印象深いものがありました。
 このたびのアルバムでも、思いきりのよいアプローチとあふれ出る歌心が際立って印象的な仕上がりとなっており、加えてメインの第4交響曲ではフィナーレのエネルギーの爆発的な開放など、実演ならではのホットな内容が期待以上の手ごたえで驚かされます。
 しかも、ライヴながら録音がきわめてすぐれているのもうれしいところで、各楽器、みごとなアンサンブルも精妙に聞き取ることが可能。首席指揮者就任3年目を迎えたバーミンガム市響との変わらぬ好調な関係も窺えます。なお、第4交響曲のみ終演後に拍手が入ります。

【アンドリス・ネルソンス】
1978年ラトヴィアのリガに生まれる。母はラトヴィアで初めての古楽アンサンブルを結成し、父は合唱指揮者、チェリスト、教師。少年時代はトランペット奏者とバス=バリトン歌手として研鑽を積む。サンクト・ペテルブルクでアレクサンドル・ティトフに指揮を師事、また、ネーメ・ヤルヴィ、ヨルマ・パヌラのマスタークラスを受講。トランペット奏者としてオスロ・フィルに急遽出演した折に、同郷の指揮者マリス・ヤンソンスの目に留まり、2002年以来指揮を学ぶ。
 2007年10月、サイモン・ラトルの25歳に次ぐ29歳の若さでバーミンガム市響の首席指揮者と第12代音楽監督に指名され、2008年9月より3年の任期で就任、現在に至る。
並行してコンサート、オペラハウスともに活躍の場を拡げており、ロイヤルコンセルトヘボウ管、チューリヒ・トーンハレ管、バイエルン放送響、シュターツカペレ・ベルリン、フランス国立管、ピッツバーグ響に登場しているほか、ウィーン国立歌劇場、コヴェント・ガーデン王立歌劇場、メトロポリタン・オペラ、バイロイト・オペラにも客演を果たしている。(キング・インターナショナル)

【収録情報】
チャイコフスキー:
・幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』Op.32 [22:04]
・交響曲第4番ヘ短調Op.36 [41:41]

 バーミンガム市交響楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2011年6月1-4日
 録音場所:バーミンガム、シンフォニー・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

  • 01. Andante Sostenuto - Moderato Con Anima - Moderato Assai, Quasi Andante - Allegro Vivo
  • 02. Andantino in Modo Di Canzona
  • 03. Scherzo: Pizzicato Ostinato - Allegro
  • 04. Finale: Allegro Con Fuoco
  • 05. Francesca Da Rimini, Op. 32

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今や快進撃のネルソンスさんのチャイコフス...

投稿日:2012/09/11 (火)

今や快進撃のネルソンスさんのチャイコフスキー。解説書には明記していませんが、ライヴ録音で、交響曲終了後に熱狂的拍手が収められています。さて、この演奏、いいですね。力強さと勢いがあって、意欲が十分に感じられます。特に交響曲は大変に結構!70年代のカラヤンの録音を彷彿とさせる、奔流のような勢いがこの曲に格別の魅力を与えています。第2楽章のメランコリーはやや不足かもしれないけど、総じてポジティヴな姿勢で再現したものでしょう。満足であります。「フランチェスカ」ももちろん結構。オケは、個人技にはいささか劣るところもありますが、アンサンブルはばっちり!ネルソンスさんの統率力を存分に見せつけます。録音は優秀。期待を込めて満点としましょう。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品