チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ヴァイオリン協奏曲、コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲 ムター、プレヴィン

チャイコフスキー(1840-1893)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4745152
レーベル
Dg
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ムター&プレヴィン / チャイコフスキー&コルンゴルト

カラヤン&VPOとの録音以来、15年ぶりとなるムターのチャイコフスキー。第1楽章冒頭から最近のムターならではの濃厚な表情付けが度肝を抜きます。ロシアの哀愁というよりも、もっとロマンティックで濃密な情感に支配された表現は、美しい旋律は自らの感性の赴くまま存分に歌わせ、独奏やオケと協調して進む部分では速めのテンポでたたみ込むという、振幅の大きさが特徴的。聴きものはカデンツァで、曲に没入した集中力の高い演奏は、強靭かつスケール大きく、豊麗なヴァイオリンの音色とも相まって圧巻です。また、陰影に富んだ第2楽章「カンツォネッタ」では、消え入らんばかりの弱音で弾かれる妖艶な美しさを湛えたヴァイオリンが聴くものを魅了します。活気あふれる第3楽章でも、随所で緩急の激しい表現が聞かれ、曲全体をムターが強力に主導。まさに「女王」というにふさわしい強さと美しさを兼ね備えた名演です。
 カップリングは、バックを支える夫君プレヴィンがその紹介に力を注ぐ作曲家、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲。ウィーン生まれながらもユダヤ人であったため、戦争中はハリウッドで映画音楽を作曲していたコルンゴルトが、戦後、再び純粋なクラシック音楽として作曲した作品です。全編にわたって奏でられる美しい旋律と後期ロマン派風のシンフォニックな響きを特徴とするこの曲は、彼が作曲した映画音楽作品から選りすぐった素材が、あらゆる作曲技巧を駆使して移殖された傑作で、初演者ハイフェッツの愛奏曲としても知られます。
 プレヴィンは1980年にピッツバーグ交響楽団を指揮してパールマンとEMIにレコーディングをおこない、さらに、1993年には、今回と同じロンドン交響楽団を指揮して、ギル・シャハムの独奏でやはりDGにレコーディングをおこなっていました。
 ムターとの今回の録音は、第1楽章冒頭から映画の一場面を想起させる甘く切ないメロディを、むせかえるほどに濃厚なロマンの香気で包み込み実に見事。クールなロマンを湛えたハイフェッツとは異なるものの、後期ロマン派の爛熟美を余すところなく表現した演奏は、ハイフェッツ以来の新たな決定盤の登場といえましょう。


・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 OP.35
アンネ=ゾフィー・ムター(Vn)
アンドレ・プレヴィン(指揮)ウィーン・フィルハーモニー
録音:2003年9月 ウィーン《4Dオーディオ・レコーディング》

・コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 OP.35
アンネ=ゾフィー・ムター(Vn)
アンドレ・プレヴィン(指揮)ロンドン交響楽団
録音:2003年10月 ロンドン《4Dオーディオ・レコーディング》

収録曲   

  • 01. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 (アドルフ・ブロズキーに献呈): : 第1楽章 : Allegro Moderato
  • 02. 第2楽章 : Canzonetta (Andante)
  • 03. 第3楽章 : Finale (Allegro Vivacissim)
  • 04. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 (アルマ・マーラー=ヴェルフェルに献呈): : 第1楽章 : Moderato Nobile
  • 05. 第2楽章 : Romance : Andante
  • 06. 第3楽章 : Finale : Allegro Assai Vivace

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 『チャイコフスキー』ヴァイオリン協奏曲...

投稿日:2017/10/01 (日)

 『チャイコフスキー』ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 OP.35の魅力は、まず、第一楽章は、比較的早いうちからソロバイオリンが登場し、先導されたオーケストラが華麗に展開する主題にあります。一聴で引き込まれてしまいます。ソロバイオリンが主導する割合も高く、最初に技量を見せる所でもあります。続いて、第二楽章では、バイオリンが奏でる陰影のなかに憂いと安らぎが奏でられます。演奏者の情感が伝わってくるところです。そして、第三楽章は、ロシアの民族舞曲トレパークに基づく激しいリズムとスピードを備えた第一主題と、それとは対照的なゆったりとした第二主題との組み合わせが聴き所です。  さて、 本演奏では、第一楽章のカデンツアがややしつこいところはありますが、全体的にバイオリンの高音が綺麗で、低音の渋みが効いていること、バイオリンの技量の高さと情感の豊かさが伝わってくることが良いと思います。特に、第二楽章で弱奏部が強調されていることで情感が豊かに伝わってきます。第三楽章では、第一主題と第二主題がフィナーレへ向けて繰り返され、緊張感が増して退屈しません。そして、フィナーレは、さらに熱狂的にかつ華やかに締めています。  『コルンゴルト』ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 OP.35は、ゆったりと美しいバイオリンが奏でられます。妖艶な美しさはこちらのほうにあるのではと思いました。  以上、「Dg No:4745152(2004年10月05日発売)」について記しておきます。  

HQ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
チャイコフスキーはカラヤンとの共演盤を推...

投稿日:2015/03/08 (日)

チャイコフスキーはカラヤンとの共演盤を推すしかない。これだけ好き放題やれば面白く、往年の演奏家を超える個性的な名盤ともいえるが、個人的にはフレージングや音色のくどさ、しつこさは、まさにこの曲が初演された時の「安酒の香りのようだ」という批判を思い出す。しかも秀逸な録音がそのしつこさを強調する。この曲には頽廃性や官能性があり、それを強調すればこの路線に行き着くだろう。しかし、往年の演奏家も超えなかった一線を超えてしまっている。例えるなら、傾城の粉黛。ないしは、銀座の夜を闊歩する色っぽい美女のきついシャネルの香水である。美しさも色香も芳香も行き過ぎれば、吐き気を催す悪趣味となる。ただし、往年の名手以上にダントツに個性的で面白いのは間違いないので、興味のある方はどうぞ。コルンゴルドは曲想も相まってこれではもはや安物の映画音楽である。DGもアーティストを失い企画力も衰え、かつてのブランド力の勢いを失っている証左である。

eroicka さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
本盤におさめられたチャイコフスキーのヴァ...

投稿日:2011/07/31 (日)

本盤におさめられたチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、ムターによる15年ぶり2度目の録音になる。最初の録音は、最晩年のカラヤン、そしてウィーン・フィルとの演奏(1988年ライヴ)であった。当該演奏においても、ムターは決してカラヤンの言いなりになっていたわけではなく、むしろ、自由奔放とも言うべき個性的な演奏を展開していた。したがって、当該演奏については、巨匠カラヤンによる枯淡の境地をも感じさせる味わい深い名演奏とも相まって、現在においても燦然と輝く名演であると言える。これに対して、本演奏は、ムターの個性が更に深まったと言っても過言ではあるまい。ムターのヴァオリンは、いささかも線の細さを感じさせない骨太の音楽づくりが際立っていると言えるが、これによって、同曲の演奏に必要不可欠な強靭な迫力や豊麗さが過不足なく表現し尽くされていると言えるだろう。そして、同曲の特徴でもあるロシア風の民族色豊かな美しい旋律の数々を、ムターは格調の高さをいささかも不足することなく濃密に歌い抜いており、その妖艶な美しさには聴き手を酔わせるほどの抗し難い魅力に満ち溢れていると言える。また、粘ったような奏法や、土俗的とでも言うべき思い切った表情づけを、いささかの格調の高さを失うことなく随所において行っており、楽曲の細部に至るまで彫琢の限りを尽くした演奏を展開している。このように、音楽のスケールは一段と大きくなるとともに、表情づけなども格段に濃厚になってきており、これはムターの円熟の至芸と言ってもいいのではないだろうか。このような超個性的なムターのヴァイオリンを下支えしているのが、夫君であるプレヴィンとウィーン・フィルであるが、ムターのヴァイオリンを巧みに引き立てるとともに、聴かせどころのツボを心得た名演奏を展開しているのが素晴らしい。他方、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲はプレヴィンの十八番であり、何度も録音を繰り返してきた楽曲ではあるが、現代音楽にしては親しみやすい旋律に満ち溢れた同曲を、ムターは格調の高さを保ちつつ、濃厚なロマンティシズムに満ち溢れた情感豊かな名演奏を展開しているのが素晴らしい。録音は本従来盤でも十分に満足できる音質であるが、ベストの音質はマルチチャンネル付きのSACD盤であると言える。各楽器の位置関係も明瞭になるような臨場感溢れるマルチチャンネル付きのSACDの極上の高音質は、本演奏の価値を更に高めるのに大きく貢献しているのを忘れてはならない。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品