チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質A】 チャイコフスキー:交響曲第5番、ヤナーチェク:シンフォニエッタ、ほか ケンペ&ロンドン交響楽団、BBC交響楽団

チャイコフスキー(1840-1893)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
BBCL4087
レーベル
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ケンペのチャイ5 ライヴ!
@チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調、Aドビュッシー:クラリネットと管弦楽のためのラプソディ第1番、Bヤナーチェク:シンフォニエッタ、Aジェルヴェーズ・ド・ペイエ(Cl)
ルドルフ・ケンペ(指)@Aロンドン響BBBC響
録音:@A1964年9月16日B1974年8月30日ロイヤル・アルバートホール

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
メインのチャイコフスキーが圧倒的な名演。...

投稿日:2013/06/02 (日)

メインのチャイコフスキーが圧倒的な名演。細部へのこだわりよりも、全体の構成と流れを重視した、いかにもライヴならではの感興に満ちた演奏で、クライマックスでの迫力もいいですが、一方の纏綿たる叙情もすばらしい。まことに充実の限り。ドビュッシーは珍しい作品。ほかのディスクで聴いたことなし。ラストの「シンフォニエッタ」はBBC交響楽団でこれが録音はチャイコフスキーらの10年後の1974年。ヒスがやや減って条件はよくなります。特徴ある楽想を際立たせて雰囲気を巧みに作った、これまた優れた演奏です。ケンペさんとバルビローリさんは、聴けば聴くほどそのすばらしい音楽に惚れこんでいきます。ライヴ、もっといっぱい出ないかな。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
チャイ5を得意としていたケンペが期待を裏...

投稿日:2006/10/04 (水)

チャイ5を得意としていたケンペが期待を裏切らないパフォーマンスを展開している。BRSO盤に勝るとも劣らない。むしろ、こちらの方が聴衆を前にしたライブ盤らしく興にまかせた表現もそこ彼処に聴くことができるし、第二楽章のように内声部を強調して音楽に深みをもたらせるケンペの特質を早くもこの時期に垣間見ることができたのは収穫であった。急逝したモントゥの代役として急遽指揮棒を執ることになったそうだが、そんなことを感じさせない細部にまで目の行き届いた充実の熱演であった。

もく さん | 浜松市 | 不明

3
★
★
☆
☆
☆
チャイコ5番について。残念ながら凡演。ミ...

投稿日:2006/05/26 (金)

チャイコ5番について。残念ながら凡演。ミュンヘン・ライブの1975年盤(Orfeo)に比し、meno largo, meno maestoso。ラップ表によれば各楽章とも20から30秒ほど短い。何よりもOrfeo盤で聞かれた、奥深いところから出てきて聴き手の心に染み入るような何ものかが欠けている。ただし、2楽章のホルン・ソロはこの盤の方が好みに合う。また、現実のコンサート記録のCDとしては、録音・編集等の点でこちらの方がよい(総じてBBCの方がOrfeoに比べて格段に当たり外れが少ない)。

Parnassiano さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品