CD

【中古:盤質A】 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番 神尾真由子、T.ザンデルリング&ハレ管(+DVD限定盤)

チャイコフスキー(1840-1893)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
SICC1413
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

神尾真由子/チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
情熱の炎と化した神尾のヴァイオリンが、聴く者の心を溶かしつくす

DVD付き初回生産限定盤

神尾真由子のトレードマーク、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。2007年6月、第13回国際チャイコフスキー・コンクールで居並ぶ審査員と耳の肥えた聴衆を圧倒して優勝を飾ったのがこの協奏曲であり、世界各地のオーケストラとの共演でも取り上げている神尾にとってのキー・レパートリーともいえる重要な作品です。名門「RCA Red Seal」専属契約第3弾で、ついにその黄金のレパートリーの録音が実現! これこそ全音楽ファンが待ち望んだアルバムです。
 カップリングは20世紀ロシアの大作曲家プロコフィエフの人気曲、ヴァイオリン協奏曲第2番。1935年にマドリッドで初演されたこの作品は、伝統的なロシア民謡を思わせる素朴なヴァイオリンの旋律が耳を捉える第1楽章からして明快で聴きやすい作風が特徴。神尾にとってもチャイコフスキーに匹敵する得意曲です。
 父クルトの血を受け継ぎ、ロシア音楽には一家言を持つトーマス・ザンデルリングが、イギリス最古のオーケストラ、名門ハレ管弦楽団から重厚なソノリティを引き出して十全のバックアップを行っています。

初回生産限定盤はDVD付きの2枚組。マンチェスターでのレコーディング・セッションの模様が、神尾、ザンデルリング、プロデューサーへのインタビューとともに収録されています(約12分予定)。(ソニー)

【収録情報】
・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
・プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調 作品63

 神尾真由子(ヴァイオリン)
 ハレ管弦楽団
 トーマス・ザンデルリング(指揮)

 録音時期:2010年6月30日〜7月2日
 録音場所:マンチェスター、BBCスタジオ7
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 T.Allegro moderato
  • 02. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 U.Canzonetta: Andante
  • 03. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 V.Finale: Allegro vivacissimo
  • 04. ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63 T.Allegro moderato
  • 05. ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63 U.Andante assai
  • 06. ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63 V.Allegro,ben marcato

ディスク   2

  • 01. チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 第1楽章 リハーサル風景&インタヴュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
神尾さんといえば、第13回国際チャイコフス...

投稿日:2017/07/03 (月)

神尾さんといえば、第13回国際チャイコフスキー・コンクール優勝時の演奏の映像と音響が心に沁みついています。このCDはそれから時を経た録音ですが、やはり魅力的な演奏が光ります。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
☆
オーケストラは自主レーベル、インディレー...

投稿日:2012/11/02 (金)

オーケストラは自主レーベル、インディレーベルでのライヴ録音が主流となった現在、大手レコード会社は、美形ソリストによるツアーの名刺代わりになる協奏曲録音が花盛りです。神尾さんも10代の頃から欧米のオーケストラと共演で実力はお墨付き、チャイコフスキーコンクールでの優勝引っさげての、チャイコの協奏曲プラス、お気に入り、得意技としているプロコフィエフの2番の録音での協奏曲デヴューとなりました。有名曲にもう一曲何を演奏するかは、ソリストのレコーディングでは、個性、指向を、見せつける大事な要素です。このレコーディングには、指揮者、プロデューサーと、色々あったようですが、プロコは、メータ、イスラエルフィルのライヴも配信されており、こちらも、自信を持っての技情揃った規範的演奏です。まだ、若い、これからが、重要。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
4年に1度開催される若手演奏家の登竜門であ...

投稿日:2012/03/13 (火)

4年に1度開催される若手演奏家の登竜門であるチャイコフスキー国際音楽コンクール・ヴァィオリン部門で2007年優勝(この部門では1990年の諏訪内晶子さんの優勝以来)の快挙をなした神尾真由子さん(以下敬称略)がトレード・マークというかもう名刺代わりとも言えるチャイコフスキーV協奏曲を2010年(彼女24歳)にT.ザンデルリンク/ハレPのバックで録音したもので演奏タイムは@19’41A6’20B10’37であります。T.ザンデルリンクは周知の様にクルト・ザンデルリンクの息子で父親の経歴からも窺えるのかロシア音楽にも精通した指揮者(録音時68歳)で本盤解説書を読むと中々細かく指示をした様です。片や神尾は関西出身でもあるのか度胸の座った感じで師ザハール・ブロンとのやり取りにもそれが出ているようです。そうしたキャラが実に厚みのある音に反映しているのかこの曲のロシアムードをゆったり表現しております。彼女の言にもある様に勝負の第1楽章は堂々たる明快な運びで安定感もあります。とにかく線の太い演奏というのが第一印象であります。中間楽章は思い入れはあるものの過度にのめり込んではおりません。第3楽章では様々な舞曲風テーマを圧倒的な勢いでこなして行きます。途中何度かあるパッセージ繰り返しも面白く聴きました。次に併録のプロコフィエフのV協奏曲第2番(タイム@11’06A9’08B6’29)ですが伝統的なロシア民謡を思わせるテーマで始まる第1楽章から比較的古典風であるこの曲をカップリングした姿勢は彼女らしくここでも向こう意気の強さが出ております。勿論演奏も若いエネルギー満杯で時折抑制気味の情熱的高揚を強靭な表現力で積み上げて行きます。太い旋律線も大変美しく〆はピッチカートを噛まして決然と終えます。穏やかな中間楽章も芯の強さが表れております。活発な動機でスタートする第3楽章はピッチカートと様々な打楽器との取り合わせが面白い楽章なのですがその目まぐるしい展開面をVはテクニック万全で進み「思い切り」も爽快でありました。日本のクラシックCD界でも何かと女性演奏家進出(正直私など名前も聞いた事のない演奏家も多いのですが)トレンドの時代で神尾が今後どのようにいろんな曲をレパートリーとしてこなして世界でも存在感を主張して行けるのか見守って行きたいですね。本盤録音も良く素晴らしいです。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品