チャイコフスキー、ボリス(1925-1996)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ボリス・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲、他 B.チャイコフスキー(p)フェドセーエフ&モスクワ放送響

チャイコフスキー、ボリス(1925-1996)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CR991076
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ボリス・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲

ショスタコーヴィチの愛弟子で、近年シャンドス等から録音が続いて再評価著しいボリス・チャイコフスキー (1925-1996)。彼の音楽はショスタコーヴィチゆずりのシニカルな新古典的作風が特徴です。彼はピアノをオボーリンに師事した名手で、自作のピアノ協奏曲ではたいへんなヴィルトゥオーゾぶりを伺うことができます。(キング・インターナショナル)

ボリス・チャイコフスキー:
1.ピアノ協奏曲 (1971)
2.イギリス主題によるカプリッチョ (1954)
3.青年時代 (1984)〜ドストエフスキーの小説に基づく音詩

 ボリス・チャイコフスキー(p)[1,2]
 モスクワ放送交響楽団
 ウラディーミル・フェドセーエフ(指揮)
 録音:1980年[1]、1989年[2]、1985年[3]
 (ステレオ、3のみライヴ)

収録曲   

  • 01. Fedoseyev, Vladimir - Konzert Fuer Klavier Und Orc
  • 02. 1. (ohne Satzbezeichnung)
  • 03. 2. (ohne Satzbezeichnung)
  • 04. 3. (ohne Satzbezeichnung)
  • 05. 4. (ohne Satzbezeichnung)
  • 06. Fedoseyev, Vladimir - Capriccio Ueber Englische Th
  • 07. Fedoseyev, Vladimir - Juvenile - Der Halbstarke (p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
感動できなかったですが、興味深い曲でした...

投稿日:2016/09/29 (木)

感動できなかったですが、興味深い曲でした。どうしても同姓の偉大な作曲家(縁戚関係なし)と比較されてしまうために、損している面があるかもしれません。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
感動できなかったですが、興味深い曲でした...

投稿日:2016/09/29 (木)

感動できなかったですが、興味深い曲でした。どうしても同姓の偉大な作曲家(縁戚関係なし)と比較されてしまうために、損している面があるかもしれません。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ボリス・チャイコフスキイの自作自演も含む...

投稿日:2010/06/04 (金)

ボリス・チャイコフスキイの自作自演も含む管弦楽曲集。 作曲家自身のピアノ独奏による「ピアノ協奏曲」(1971)は作曲家の透明感あるピアノの響きが素晴らしい。 力強さと美しさを兼ね備えた聴きどころがたくさんある作品。 ピアノと打楽器セクションとの掛け合いも面白い。 シュニトケのピアノ協奏曲第一番と並んでソビエトを代表するピアノ協奏曲の名曲と言える。 「イギリスの主題による奇想曲」(1954)はアンコール・ピースにもってこいの明るく楽しい小品。 「Juvenile」(1984)はドストエフスキイの小説の印象を音楽にしもの。 どこかもの悲しく、そしてはるかなる風景が目の前に広がるようだ。 管弦楽のための作品だが、ピアノやチェロ、フルートなどによる室内楽を取り囲んだような構成にも一部なっている。 弦楽による静かな川の流れのような穏やかな旋律の上にピアノ、ハープ、チェレスタ、ハープシコードなどいろいろな打楽器の音色が重なりあって深い音楽空間を創っている。 大変美しく、味わい深い作品だ。 これは彼がドストエフスキイの作品を通じて書いた作品だが、この一曲を聴いているとまるで一つの大きな物語を読み終えたような濃密な時間を味わうことができた。 この作品は彼の傑作の一つではないか。 またこのCDはボリス・チャイコフスキイの入門としても特におすすめだ。名盤といえる。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

おすすめの商品