チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

人物・団体ページへ

なにかが首のまわりに 河出文庫

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464985
ISBN 10 : 430946498X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
320p;15

内容詳細

ラゴスからアメリカに移民した若い主人公がエクストラ・ヴァージン・オイル色の目をした白人の男の子と親しくなる表題作(「アメリカにいる、きみ」改題)のほか、「ひそかな経験」「明日は遠すぎて」など、人種、ジェンダー、家族にまつわるステレオタイプな思考を解きほぐす、天性のストーリーテラーの切なく繊細な12の短篇。

【著者紹介】
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ : 1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

くぼたのぞみ : 北海道生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みどり虫📖ƪ (˙Θ˙ ) さん

    まずは作家の名前に妙に惹かれたんである。ちなみにファーストネームのチママンダとは、イボ語で「私の守り神は倒れない」。カッコいい。そんな名を持つナイジェリアの女性作家による短編集。とても良かった。淡々とした文ながらも、時には切なく苦しく、時には滑稽さすら感じられるようなナイジェリア人たちの暮らしや想いが丁寧に綴られている。アメリカやアメリカ人への複雑な思いも興味深い。表題作、「ひそかな経験」「アメリカ大使館」「結婚の世話人」が特に好み。チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの長編も読んでみたい。

  • ちゃちゃ さん

    生まれながらにして私たちの人生を縛るもの。人種、性別、家族、境遇…。その差異を超えて私たちは理解し合えるのだろうか。ナイジェリアからアメリカへ移民した作者自らの体験をもとにした数々の違和感。言語、宗教、文化、日常のあらゆる面で浮き彫りにされる埋められない溝。12編の短編では、砂を噛むような憤りや絶望に沈む心の襞がさらりと繊細に描かれる。その筆先は時に鋭く容赦なく、時に軽妙でコミカル、そして静かで切ない余韻を含み、作者の天賦の文才を感じさせる。エッジの効いた作品。優れた才能との出会いに胸が高鳴った一冊。

  • アキ さん

    ナイジェリア出身でアメリカ在住のとても有名な作家C・N・アディ―チェ。ナイジェリア・ラゴスの内情も気になります。アトランタ五輪サッカー金メダルを獲ったスーパーイーグルスも出てきて懐かしい。さて短編小説12編。表題「なにかが首のまわりに」第3者からきみを主人公に語られる。ラゴスからアメリカで人と出会い、生まれる心の変容を描いた作品。声高く黒人差別を糾弾するものはなく、哀しみと切なさをそのまま提示して余韻を残すような小編が多い。「ジャンピング・モンキー・ヒル」「アメリカ大使館」「震え」「結婚の世話人」が好み。

  • らぱん さん

    素晴らしい。このひとは天才じゃないか。1977年ナイジェリア生まれでアメリカに住む黒人女性などという肩書をひらりと軽やかに超えている。それは「あなたは誰ですか」という単純な問いかけで、アイデンティティとは出生地や民族、皮膚の色や性別などの生来のものよりも、どう生きるのかという自分の選択が重要だと言っているように思う。題材は深刻な問題を孕んでいるが、悲劇を訴えるわけではなく闇雲な糾弾や批判でもない。問題と正面から向き合い、現実的な解決方法を模索する態度に強く共感した。豊穣で収穫の多い短編集だと思う。↓

  • ヘラジカ さん

    先月の『イジェアウェレへ』に続くチママンダ。同じ出版社で表題作が違うことから全て初訳かと思っていたが、実際は既読の『明日は遠すぎて』と収録作品大半が被っていた。なので感想を書こうか迷った。どの作品も素晴らしいのは言うまでもないし、書きたいことは全てあちらの感想で書いてしまっているので。もう一冊の短編集『アメリカにいる、きみ』と合わせると初訳は恐らく「ひそかな経験」「結婚の世話人」のみだから、すでに2冊とも読んでいる人はボリュームが残念かもしれない。でも文庫本でこの重要な作家を読めるのは一冊だけなので貴重。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品