チェ・ウニョン (崔恩栄)

人物・団体ページへ

ショウコの微笑 新しい韓国の文学

チェ・ウニョン (崔恩栄)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784904855812
ISBN 10 : 4904855817
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
329p;19

内容詳細

高校の文化交流で日本から韓国へやってきたショウコは、私の家に一週間滞在した。帰国後に送り続けられた彼女の手紙は、高校卒業間近にぷっつり途絶えてしまう。約十年を経てショウコと再会した私は、彼女がつらい日々を過ごしていたと知る。表題作のほか、時代背景も舞台も異なる多彩な作品を収録。時と場を越え寄り添う七つの物語。

【著者紹介】
チェ・ウニョン : 崔恩栄。1984年、京畿道生まれ。高麗大学国文科卒。2013年に「ショウコの微笑」で『作家世界』新人賞を受賞し、デビュー。翌年には同作で第5回若い作家賞を受賞。2016年に許〓文学作家賞、2017年に「その夏」で第8回若い作家賞をそれぞれ受賞している。「その夏」も収録した短編集第2作『私にとって無害な人』は、2018年に第51回韓国日報文学賞を受賞した

牧野美加 : 大阪生まれ。看護師として、海外ボランティアも含め医療に長く従事。2008年より韓国在住。釜慶大学言語教育院で韓国語を学んだ後、新聞記事や広報誌の翻訳に携わる

横本麻矢 : 東京生まれ。大学にて外国語(英語・フランス語・韓国語)を専攻。報道機関での記事翻訳、一般企業でのインハウス翻訳者を経て、フリーランスとして産業翻訳に従事

小林由紀 : 北海道生まれ。法律関連の仕事に携わる傍ら、韓国映画の魅力を知って韓国語を学び始め、現在は映像字幕翻訳の学習中

吉川凪 : 仁荷大学に留学、博士課程修了。文学博士。キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』で第四回日本翻訳大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タカラ〜ム さん

    先日、著者チェ・ウニョンさんが来日しイベントが2日間開催された。初日は読書会、2日目は作家温又柔さんとのトークイベント。どちらも盛況で、会場に集まった参加者からの質問に真摯に答えるウニョンさんが印象的だった。著者のほんわかとした雰囲気から想像しにくいが、本書は実に骨のある短編集だ。収録作品のすべてが、読み応えがあり、いろいろなことを考えさせる内容になっている。読書会でも実に多くに意見が出たし、みんな語りたくて仕方ないという感じだった。ここまで読書を夢中にさせる作品にはなかなか出会えることはないだろう。

  • 星落秋風五丈原 さん

    生きづらさを抱えている人達を描く

  • アヴォカド さん

    素晴らしい。とりわけ『シンチャオ、シンチャオ』が素晴らしく、読んで暫く余韻に浸る。静かだ。展開も人物たちも。淡々としてる。泣いたり怒号が飛び交ったりという人物もあまりいないし、感情の振り幅も激しくない。それでいてじんわりくる。『ショウコの微笑』『オンニ、わたしの小さな、オンニ』『ハンジとヨンジュ』『ミカエラ』◎離れてしまった心の切なさに胸が掻きむしられるようであり、わずかでも繋がったと感じられるとポッと火が灯るようでもあり。

  • jamko さん

    小学6年生のとき地域の文化交流で韓国に行ったことがある。ホームステイなどはなかったが地元の同い年の子供達と交流する場が設けられ、その場で並んでた順にペアを組まされた。わたしのペアになった子は髪が長くてとても可愛い子だった。お互い相手の言葉はわからないのにそれなりに楽しい時間を過ごしたように記憶してる。まあ子供だし。帰国後もわたしは彼女としばらく文通をしていた。彼女のおばあさんが日本語の読み書きができたので私と彼女の手紙をそれぞれ翻訳してくれていたのだ。彼女のおばあさんの日本語の文字はとても綺麗だった。→

  • shikashika555 さん

    8話の短編全てで 日本との空気感の相似に愕然。 文化や慣習ではなく なんとも言えない抑圧感。 この息詰まるような、怒りと悲しみを圧縮したような「圧」の正体は何なのだろう? 儒教的価値観。男尊女卑。同調圧力。社会全体の閉塞感。それだけではない何か があるのに上手く掴めない。 作者あとがきにある言葉を借りれば「自分が自分であるという理由だけで自らを蔑み嫌う人たち」がヒントに思える。 しかしまた そのような閉塞感を抱えながら 人を愛したい、愛されたいという心からの叫びが見える。そこにも日本との共通点が見えた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品