小さな白い車

ダン・ローズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784120036637
ISBN 10 : 4120036634
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,219p

内容詳細

失恋したヴェロニカは、愛犬を連れて車を飛ばす。ところが、ワインとマリファナのせいで、頭の中はぐるぐる状態。翌朝ガレージに入って車を見ると、接触事故の跡があった。そして、テレビではダイアナ妃の訃報が…。

【著者紹介】
ダン・ローズ : 1972年イギリス生まれ。2000年に出版された処女作「Anthropology」が話題を呼び“Macmillian Silver PEN賞”にノミネート、bol.comの“Book of the Year”ではフィクション部門の第3位に選ばれた。The Guardian誌で「英国で最高の新人作家」と大絶賛され、2003年1月にはGranta誌で若手英国作家ベスト20に選ばれる。長篇小説『ティモレオン センチメンタル・ジャーニー』は瞬く間に25カ国で翻訳され、世界的ベストセラーとなる

金原瑞人 : 1954年岡山市生まれ。法政大学英文学専攻博士課程修了。法政大学教授、翻訳家

田中亜希子 : 千葉県生まれ。銀行勤務ののち翻訳業に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 春ドーナツ さん

    こんにちは。「タン・タン・タン・タン・楽シイナ♪ヨーソロ・ヨーソロ・読メテ幸セ・セブンティーン♪」と自作ソングを歌いながら読みました。軽妙洒脱なプロット・個性的な登場人物たち。・・・「吾輩は猫である」でも似たようなことを書いたような。昨晩は9時半に寝床につき、寝ころび読書。11時前におもむろに起き上がると、「ハッピーターン」を食べながら続きに目を通し、にんまりする。就寝前に歯を磨く。翌朝7時から喫茶店にて読了。金原瑞人さんが翻訳されているので、面白いだろうと思っていたら、面白かった。ありがとうございます。

  • ハルマッチ・ハセ さん

    こないだビビと来たので、図書館に一冊だけ有ったのを借りてみた。作者の中でも変わっている系統のやつだったらしい。本人はイギリス人男性なのにフランス在住の女性名義で発表。 フランスに住む女性。かなりアクティブに人生楽しんでる感じ。(クソクソ妬み)今付き合ってる人が覇気がないしマンネリだし、別れるわ。帰り道車を運転しながら酒&麻薬のチャンポン。何かぶつかった。次の日ダイアナ妃の事故の報道。車見ると事故の跡あり、犯人おもいきしアタシじゃんよ!とここからドタバタ。面白かったが、私が読みたい内容だったのでしょうか。

  • ほしいもアボカド さん

    〜時には超ポジティブに行動するのもいいのかも。他人の迷惑は考えないことにして。

  • ドーナツ さん

    ビールとマリファナとカメラとボーイフレンドとの日常になぜかダイアナ妃の事故死がからみ・・・、語り口は嫌いじゃない。

  • i_hecky さん

    イギリスの異色の作家ダン・ローズが、ダヌータ・デ・ローズという20代のアメリカの女性作家のふりをして発表した作品で、一見、青春少女小説のような文体で書かれている。しかし内容は、パリに住む主人公のヴェロニクが、ボーイフレンドを振った後、家に帰る途中で、酔っぱらった上、ドラッグでラリっているのに運転していたため、トンネルの中で事故を起こしてしまう。相手の車に乗っていたのはなんとダイアナ妃だったから、さあ大変。大事件の犯人ヴェロニクの日常が本当によく書けていて、ものすごくおもしろい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダン・ローズ

1972年イギリス生まれ。2000年に出版された処女作「Anthropology」が話題を呼び“Macmillian Silver PEN賞”にノミネート、bol.comの“Book of the Year”ではフィクション部門の第3位に選ばれた。The Guardian誌で「英国で最高の新人作家」

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品