フッサールの現象学

ダン・ザハヴィ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784771015012
ISBN 10 : 4771015015
フォーマット
出版社
発行年月
2003年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,240,20p

内容詳細

志向性、直感、構成、時間、身体、相互主観性、生世界、超越論的主観性の誕生と死などの現象学の根本概念を明快に読み解く。最新の研究を踏まえたフッサール現象学への最良の入門書。

目次 : 第1章 初期フッサール―論理学・認識論・志向性(フッサールの心理主義批判/ 志向性という概念/ 作用、意味、対象 ほか)/ 第2章 フッサールの超越論哲学への転回―エポケー・還元・超越論的観念論(無前提性/ デカルト的道と存在論的道/ いくつかの誤解 ほか)/ 第3章 後期フッサール―時間・身体・相互主観性・生世界(時間/ 身体/ 相互主観性 ほか)/ 結論

【著者紹介】
工藤和男 : 1950年生まれ。現在、同志社大学文学部教授。専攻、哲学、倫理学

中村拓也 : 1976年生まれ。現在、同志社大学大学院博士課程。専攻、哲学(現象学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダン・ザハヴィ

1967年デンマーク、コペンハーゲン生まれ。1994年ルーヴァン・カトリック大学で博士号を取得、1999年コペンハーゲン大学で教授資格を取得、2002年よりコペンハーゲン大学教授および同大学主観性研究センター所長を務める

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品