ダライ・ラマ来日講演集 智慧と慈悲

ダライ・ラマ14世

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784393133323
ISBN 10 : 4393133323
フォーマット
出版社
発行年月
2000年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
258p;20

内容詳細

2000年春、出会う人すべてに忘れがたい感動を呼び起こした法王来日の全軌跡。日本人へ向けた熱くやさしきメッセージ。

目次 : 智慧と慈悲―仏教の最も大切な二つの教え(宗教について/ 仏教とはどのようなものか/ 苦しみについて ほか)/ 自然との共生を求めて/ 環境と人間―新しい生き方を求めて/ 人間の幸福について

【著者紹介】
マリア・リンチェン : 日本名は鴨居真理。高知県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。一級建築士。1985年よりダラムサラ在住。チベット亡命政府の依頼で伝統文化継承の拠点となるべきノルブリンカ・インスティテュートの設計・建築に携わり、同時にゲシェ・ソナム・リンチェン師に師事、仏教を学ぶ。ダライ・ラマ法王をはじめとするチベット高僧の講義や講演の通訳を務め、今回の法王来日でも通訳を担当する。三児の母としても奮闘中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダライ・ラマ14世

1935年、チベット東北部タクツェルに生まれる。十三世ダライ・ラマの化身として迎えられ、40年、第十四世に即位。50年、中国の東チベット侵入に際し、亜東に身を移す。翌年、チベットの平和解放に関する十七か条協定調印。ラサに帰還後の59年、チベット全土で起こった反乱、それに対する中国側の弾圧によってイン

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品