ダニエル・H・ディソン

人物・団体ページへ

フィリピン少年が見たカミカゼ 幼い心に刻まれた優しい日本人たち

ダニエル・H・ディソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784434111211
ISBN 10 : 4434111213
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
追加情報
:
19cm,353p

内容詳細

少年時代、誇り高い日本軍人と楽しい時間を過ごしたフィリピン人著者が、その真実の姿と、崇高な精神について語った。「長い間フィリピンを植民地としてきたスペインやアメリカに比べれば、日本のフィリピン支配はほとんどないに等しいものでした。日本は、そのたった四年の間にカミカゼ精神をもたらしてくれました。それは、フィリピンにとって最良のものでした。」アジア孤高の精神カミカゼの心。

目次 : 第1章 アメリカはヒーローだった/ 第2章 街に日本軍がやって来た/ 第3章 懐かしい日本軍との蜜月時代/ 第4章 戦争末期の日本軍の惨状/ 第5章 カミカゼ記念碑建設へ/ 第6章 妻エンリケッタの思い出話/ 第7章 日本は何故戦争に突入したか/ 第8章 真の友情こそ私の願い

【著者紹介】
ダニエル・H・ディソン : 1930年フィリピン・マニラ市に生まれる。父ヴィンセンテ・ディソン氏は著名な芸術家。その後アンヘレス市に移る。11歳の時に第二次世界大戦(大東亜戦争)が勃発し日本軍の将兵達と出逢う。戦後は高等学校に進学し、卒業後は10年以上電気会社に勤務するが、フィリピン大学美術学部の奨学生試験に合格し入学。大学在学中に歴史学に興味を持ち、植民地時代以前のフィリピンの歴史を調べ始める。卒業後に旧日本軍の神風特別攻撃隊の事実を知り衝撃を受け、特攻隊と日本の歴史の研究に没頭。1974年に特攻隊が史上初めて発進した地、マバラカットにその記念碑を建立。現在も歴史研究を続け、自宅に開設した「カミカゼ博物館」で地元の子供達に特攻隊の精神と意義を説いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 猫 さん

    日本の占領下にあったフィリピンの様子を筆者自身の視点で記録した本。日本が各国に戦争を仕掛けた悪い国だった、という教育とは全く違った視点を与えてくれる本であり、東南アジアだけでなく、アフリカ諸国にも日本が良い影響を与えたという事実を伝えている。 カミカゼが感情的に美化されていることと、著者の言うところの神風特攻隊と、在フィリピン日本軍人とが必ずしも対応している訳ではないので若干論理がおかしいことはご愛嬌。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダニエル・H・ディソン

1930年フィリピン・マニラ市に生まれる。父ヴィンセンテ・ディソン氏は著名な芸術家。その後アンヘレス市に移る。11歳の時に第二次世界大戦(大東亜戦争)が勃発し日本軍の将兵達と出逢う。戦後は高等学校に進学し、卒業後は10年以上電気会社に勤務するが、フィリピン大学美術学部の奨学生試験に合格し入学。大学在

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品