ダニエル・コビアルカ

ダニエル・コビアルカ プロフィール

ダニエル・コビアルカ | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

2001年5月に久々の新作を発表したダニエル・コビアルカ。彼は、サンフランシスコ交響楽団で首席第2バイオリニストとして活躍、かのバーンスタイン、武満徹らが絶賛、さらに、「コビアルカは聴く人の耳に、今なお新鮮で生き生きとした才能を届けてくれる。熱意と愛にあふれた、素晴らしい音楽だ」と、あの世界の小澤征爾が公言するほど。ここ日本でも、根強い人気を誇っているアーティストなのです。

『癒しの音楽』への追求を続け、心理医学の分野でも、ダニエル・コビアルカの音楽は高く評価され、ダニエルの音楽を流しながら手術をする医師もいるそうです。また音楽活動は既に30年以上にも及び、現在もその追求を続けています。

Daniel Kobialka ダニエル・コビアルカ 誕生/出身: 不明

サンフランシスコ交響楽団でヴァイオリニストとして活躍後、1986年、”Afternoon of a Fawn”でアルバム・ソロ・デビューして以来、現在まで『癒しのための音楽』を作りつづけ、2001年、新作”World On A Strings”を発表している。

■海外盤ディスコグラフィー(年はオリジナル発売日)

  • 1991 Timeless Motion
  • 1991 Oh What A Beautiful Morning
  • 1992 Short On Perfection
  • 1992 Mind Dances
  • 1992 Fragrances Of A Dream
  • 1992 When You Wish Upon A Star
  • 1992 Rainbows
  • 1992 Velvet Dreams
  • 1992 Going Home
  • 1995 Celtic fantasy
  • 1997 Celtic Quilt
  • 1997 Silk Branches

  • %%message%%