ダシール・ハメット

人物・団体ページへ

コンティネンタル・オプ 集英社文庫

ダシール・ハメット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087485608
ISBN 10 : 4087485609
フォーマット
発行年月
1997年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
284p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • セウテス さん

    世界の名探偵コレクション第5弾。ハードボイルドの始祖ダシール・ハメット氏は、「マルタの鷹」のサム・スペードと本作のコンチネンタル・オプを生み出しました。マルタの鷹は三人称の客観描写で書かれており、全く心理描写のない冷徹な印象を受ける。対してコンチネンタル・オプは一人称で書かれていて、生々しく現実の犯罪を描いた様な印象を受けます。ハードボイルドは事件の謎を推理するよりは、言葉に表せない思いを行動で表す、その裏に隠されている人間心理を推理する物語、と私は理解している。本名が隠されているというのも洒落ている。

  • Guzulla さん

    http://blogs.yahoo.co.jp/nbf00417/49280190.html

  • koyasho さん

    華もなければモラルもないし名前もない、太り気味の寡黙な探偵が事件にケリをつけていく短編集。「ターク街の家」と「銀色の眼の女」は連作で、ファム・ファタールに探偵が翻弄される話。私は「新任保安官」で描かれるアメリカの田舎町が印象的だった。

  • 言音 さん

    『雇われ探偵』『新任保安官』『ターク街の家』『銀色の眼の女』収録。 面白くない訳じゃないんだけど…。 やっぱり、ハードボイルドは苦手。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダシール・ハメット

1894年アメリカ合衆国メリーランド州セントメアリーズ郡生まれ。高校中退後様々な職につき、20歳でピンカートン探偵社ボルティモア支社に入社。途中第一次大戦中は陸軍に従軍。除隊後、探偵社の仕事に復帰したが、従軍中に得た肺疾患により調査員の激務に耐えられず職を辞し、小説で身を立てることに。短編小説が雑誌

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品