CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 リュート作品全集 ヤコブ・リンドベルイ

ダウランド(1563-1626)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ,4枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
BRL93698
レーベル
Holland
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

Dowland: Complete Lute Music (4 CD)

Jakob Lindberg, lute

Digital Recording: 1994

John Dowland was the eccentric and brilliant lutenist who left England to become one of the most renowned musicians in Europe at the beginning of the 17th century, having the ear of kings and princes in Germany and Denmark.
His poignant set of Lachrymae for viol consort has long been prized, and Sting recently brought his melancholy songs to a worldwide public. But perhaps the most representative legacy is what remains of Dowland’s considerable output for his own instrument: a hundred or so pieces, mostly dances but always coloured with the directly affective temperament that has continued to appeal to listeners centuries after their composition.
Gramophone praised Jakob Lindberg’s complete recording when it first appeared as ‘a considerable achievement that will be warmly welcomed by lovers of this music.’
Extensive booklet notes by Jakob Lindberg including details of the instruments used.
( Brilliant Classics )

CD1
From Robert Dowland,Varietie of Lute Lessons, London 1610
 The Most Sacred Queen Elizabeth, Her Galliard [41] (1:10)
 The Right Honourable Earl of Essex, His Galliard [42a] (1:47)
 The Right Honourable The Lady Clifton’s Spirit [45] (1:44)
 Sir John Smith, His Almain [47] (2:27)
 Sir John Langton’s Pavan [14a] (5:08)
 The Most High and Mighty Christianus the Fourth, King of Denmark, His Galliard [40] (2:47)
 The Right Honourable Ferdinando Earl of Derby, His Galliard [44a] (2:22)
 Sir Henry Guilforde, His Almain)2:04)
 The Right Honourable The Lady Rich, Her Galliard [43a] (1:37)
 A Fantasie [1a] (4:06)

From Robert Dowland, A Musicall Banquet, London 1610
 The Right Honourable The Lord Viscount Lisle, His Galliard [38] (2:24)

From Cambridge University Library, Ms.Dd.5.78.3
 A Piece Without Title [51] (1:34)
 The Lady Russell’s Pavan [17] (4:30)
 Mr. Knight’s Galliard [36] (2:02)
 A Pavan [16] (4:45)
 Sir John Souch’s Galliard [26] (2:01)
 Giles Hobie’s Galliard [29] (1:51)
 Farewell [3] (5:11)
 A Galliard [27] (2:32)
 Lady Hunsdon’s Puffe [54] (1:21)
 2A Galliard (on a galliard by Daniel Bacheler) [28] (2:26)
 Lachrimae [15] (4:53)

From John Dowland, A Pilgrimes Solace, London 1612
 Galliard to Lachrimae [46] (2:52)

CD2
From Cambridge University Library, Ms.Dd.9.33
 Forlorn Hope Fancy [2] (3:27)
 Walsingham [67] (3:57)
 Mrs.Vaux Galliard [32] (2:18)
 Mrs.Vaux Jig [57] (1:07)
 A Fancy [7] (3:54)
 A Galliard [76] (1:47)
 The Shoemaker’s Wife [58] (1:04)
 A Fancy [6] (2:23)
 Mrs. Brigide Fleetwood’s Pavan alias Solus Sine Sola [11] (5:38)
 Mignarda [34] (2:58)
 Langton’s Galliard [33] (3:05)
 Loth to Depart [69] (5:00)
 A Fancy [73] (2:57)
 Robin [70] (3:00)
 A Pavan [18] (4:53)
 A Galliard [35] (1:44)
 Farewell (An ‘In Nomine’) [4] (2:41)

From The Marsh Lute Book1
 Mrs. Norrish’s Delight [77] (1:34)

From The Mynshall Lute Book2
 A Coy Toy [80] (1:05)

From William Barley, A New Booke of Tabliture for the Lute and Orpharion, London 1596
 Fortune [62] (2:19)

From The Wickhambrook Lute Book3
 Tarleton’s Riserrectione [59] (1:21)

CD3
From Cambridge University Library, Ms.Dd.2.11
 Piper’s Pavan [8] (4:44)
 Captain Digorie Piper’s Galliard [19] (1:54)
 Mrs. Nichols’ Almain [52] (0:50)
 Mrs.White’s Thing [50] (1:09)
 Mrs.White’s Nothing [56] (1:08)
 John Dowland’s Galliard [21] (1:26)
 Mounsier’s Almain (5:11)
 Melancholy Galliard [25] (2:16)
 Lord Strang’s March [65] (0:51)
 Dr. Case’s Pavan [12] (4:38)
 Dowland’s First Galliard [22] (1:48)
 Orlando Sleepeth [61] (1:05)
 A Dream [75] (4:45)
 A Galliard (on Walsingham) [31] (2:22)
 A Galliard [24] (1:27)
 An Almain [49] (1:29)
 Tarleton’s Jig [81] (0:58)
 Complaint [63] (1:44)
 A Galliard [30]q (1:58)
 Dowland’s Galliard [20] (0:48)

From The Euing Lute Book1
 Semper Dowland Semper Dolens [9] (6:49)
 Go From My Window [64] (3:27)
 Solus Cum Sola [10] (4:26)
 A Piece Without Title [78] (1:32)
 A Fancy [72] (6:25)

CD4
From The Dowland Lute Book1
 My Lord Willoughby’s Welcome Home [66a] (1:29)
 What If A Day [79] (1:22)
 Mrs. Clifton’s Almain [53] (1:20)
 Can She Excuse [42] (1:48)
 Mrs.Winter’s Jump [55] (0:54)
 Round Battle Galliard [39] (1:28)
 The Frog Galliard [23a] (2:04)

From Cambridge University Library, Add.3056
 A Fancy [5] (2:08)

From Cambridge University Library, Nn.6.36
 Resolution [13] (4:23)
 Come Away [60] (1:03)

From The Jane Pickering Lute Book2
 A Fantasia [71] (5:24)

From The Trumbull Lute Book3
 Aloe [68] (2:36)

From The Margaret Board Lute Book4
 Preludium [98] (1:02)
 An Almand [96] (1:34)
 The Queene’s Galliard [97] (1:54)
 Coranto [100]  (1:43)
 Mr. Dowland’s Midnight [99] (1:11)

From The Schele Lute Book5
 La Mia Barbara [95] (5:04)
 Lady Laiton’s Almain [48] (1:26)
 Pavana [94] (5:46)

From The Hainhofer Lute Book5
 Gagliarda (1:49)

From Johann Daniel Mylius, Thesaurus gratiarum, Frankfurt 1622
 Pavana (6:27)
 Pavana (4:11)

Jakob Lindberg, lute

収録曲   

ディスク   1

  • 01. レビューに記載

ディスク   2

  • 01. レビューに記載

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ダウランドの斬新さには驚くばかりだ。バッ...

投稿日:2013/12/04 (水)

ダウランドの斬新さには驚くばかりだ。バッハやヴァイスよりも120年以上も古い音楽とはとても思えない。ダウランドのCDはエマ・カークビーの歌曲集(オワゾリール)とルネサンスのリュート独奏曲集のなかに数曲含まれたオムニバスしかなかったが、こうしてまとまってリュート独奏を聴くと、ダウランドの素晴らしさ、奥の深さを実感する。これも教会音楽とは離れた自由な世俗音楽に特化しているからだと思う。リンドベルイについては、BISのバッハのリュート全集を新譜購入したときに失望していたので、少し危惧していたが(ナイジェル・ノースの4枚組にするか悩んだが、値段に開きがあったのでこちらにした)杞憂だった。なかなかいい演奏だと思う。録音がいいのもプラスしている。いずれ、ダウランドを集中して聴いてみるつもりなので、デッカの12枚組BOXも注文している。

johnbach さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
きょう購入、、そして聴くのは2回めに突入...

投稿日:2011/09/07 (水)

きょう購入、、そして聴くのは2回めに突入、自宅で音の絵になりつつあります。自動連続演奏のCDプレーヤーでぐるぐるとさてと今週は延べで、50回ぐらい聴いていることになるのでは??そんな素晴らしいCDです。内容については前の方たちが書いてくれています。

タンノイおやじ さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
ギター・リュートの評論家第一人者、濱田滋...

投稿日:2011/01/11 (火)

ギター・リュートの評論家第一人者、濱田滋郎氏が、 ダウランドはイギリスのバッハであり、ショパンで あると評されている。 ヤコブ・リンドベルイのダウランドは、濱田先生の 言葉通りの、超名演といえるのではないか。 リュート曲は録音技術に頼り、音響でテクニックを 誤魔化す録音が多い。 ヤコブ・リンドベルイは、対照的に、正攻法の録音 の中で、技術、歌心等、ルネサンス時代の”音”を 今に伝えてくれる。

mayamaya さん | 兵庫県 | 不明

3

関連するトピックス

  • リー・サンタナ/ダウランディア 今回のアルバムは、リュート独奏によるダウランドの作品を中心としたもので、自作も2曲交えた構成となっています。 HMV&BOOKS online|2013年10月21日 (月) 00:10
    リー・サンタナ/ダウランディア
  • サヴァールの名盤SACD化 ハイブリッドSACD。重々しい7つの「ラクリメ」の合間に、舞曲を挟み込んでおり、全体的にメリハリを効かせています。 HMV&BOOKS online|2013年10月18日 (金) 15:20
    サヴァールの名盤SACD化

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品