ダミアン物語 神さまを信じた犬

ダイアン・ジェサップ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198614164
ISBN 10 : 4198614164
フォーマット
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
518p;20

内容詳細

過酷な運命にもてあそばれるピットブルのダミアンと、すべてをなげうってでも犬を救おうとする女子学生の感動の物語。ペットを愛したことのある人には必読の書。全米で読者の圧倒的な反響をよんだ感動小説。

【著者紹介】
ダイアン・ジェサップ : アメリカの有名な犬のトレーナー。15年にわたってさまざまな大会で、60以上のタイトルを獲得した。警察犬トレーナーの資格ももち、ワシントン州各地で警察の鑑定証人をしている

仲村明子 : 東洋英和女学院短期大学英文科卒。英米文学翻訳家。1950年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 芽依 さん

    動物実験をされていた犬と大学生の話。二人の間に出来た異種間での繋がりに深く感動しました。大事だから身を呈して、守ろうとする。そういった大事な気持ちを人間はどこかに忘れてしまっているような気がします。動物実験の対象になっている全ての動物に気持ちを動かされず、一つのものに固執してしまう。それが善なのか悪なのか判断は人間でのみの解釈でしかなく、犬にとっては人と共に生きていけるかどうかそれだけが大事でその違いにまた泣けてしまいそうでした。

  • 硯浦由咲 さん

    変かもしれない、あまり理解されないかもしれないけど、祈りながら読んでしまう本がある。もう書かれてしまった、結末は決まっている物語なのに強く祈りがら。そういう本でした。続きを読みたい。ダミアン、どうか幸せでいて。

  • 高橋直也 さん

    ピットブルという獰猛な犬を使っていることを理解しないで読んでしまうと、この話の面白さが伝わらないでしょう。日本人とアメリカ人とでは犬に対する接し方も違うので、理解するのが難しいですね。しかも実験動物としての扱いはまた理解が難しいです。それでも、久しぶりに引っ張り出して読んでも面白かったです。

  • non_monami_818 さん

    犬好き、動物好きには、たまらないお話。 これが実話というのだから、本当に悲しい。 私たち人間がよりよい生活を求める裏側に、どれだけの動物が、犠牲になっていることか。 人間の医療や科学や美容の発展のために、動物実験が本当に必要なのか。 動物たち、犬たちとの関係を、改めて考えさせられる一冊でした。

  • ゆゆ さん

    ダミアンとエリザベスの絆の深さに感動。 ここまで執着してしまうんだからダミアンにはよっぽどの魅力があったんでしょうね。 この作品を読んでピットブル飼いたいな、と思ったのですが調べたところやはり凶暴なイメージが強いようで・・・。 あとがきにもありましたが中途半端な気持ちで飼い始めた人間のせいで動物にひどく影響を与えているんですね。 動物実験のこともそうですし、人間の理不尽さにとても心を痛めました。 また今飼っている愛犬に愛情をそそぎ、理解し合い、もっと絆を深めたいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダイアン・ジェサップ

アメリカの有名な犬のトレーナー。15年にわたってさまざまな大会で、60以上のタイトルを獲得した。警察犬トレーナーの資格ももち、ワシントン州各地で警察の鑑定証人をしている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品