タキエ・スギヤマ・リブラ

人物・団体ページへ

近代日本の上流階級 華族のエスノグラフィー

タキエ・スギヤマ・リブラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784790708223
ISBN 10 : 4790708225
フォーマット
出版社
発行年月
2000年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,332p

内容詳細

雲上人として特殊な文化を育んできた貴族階級=華族の実態を現在の目で再構成し、身分文化の意味と中流・庶民階級への影響を探る。

【著者紹介】
井上義和 : 1973年長野県に生まれる。2000年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。現在、京都大学大学院教育学研究科助手(教育社会学)

海部優子 : 1960年兵庫県に生まれる。1982年奈良女子大学文学部社会学科卒業。1985年クイーンズ大学(カナダ)社会学修士。現在、外務省文化交流部文化第一課長補佐。主要訳書は『パブリック・スクールの社会学』(竹内洋と共訳、世界思想社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rbyawa さん

    i061、正直なところ特に目新しいことはなかった、というのが本音ではあるがあくまでも研究者の見解を聞いたというわけではなく、財閥、公家、武家などの本を読み続けて来た結果なので一冊で読めるならそれに越したことはないように思うし、私程度だと全く引っ掛かったことはなかった。ほぼ納得の内容。しかしこれはアメリカの研究の手法だとすると、国内で読んでいる本の稚拙さがいささか胸に…来るかな。上流階級における閉鎖性、学習院における特別な連帯意識、皇室意識にまつわる金銭の話、しかし、公家の大量の非摘出子どこ行ったんやら…。

  • ayumi さん

    テーマレポート(木)4 期末 参考文献として

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品