タイモン・スクリーチ

人物・団体ページへ

定信お見通し 寛政視覚改革の治世学

タイモン・スクリーチ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791760497
ISBN 10 : 4791760492
フォーマット
出版社
発行年月
2003年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,484p

内容詳細

5つもの庭園、あくなき随筆魔、海岸線の採集、建築模型マニア、集古編纂。ただのカタブツにあらず。気鋭のジャパノロジストが視覚文化論から提示する、まったく新しい寛政の改革、新しい松平定信像。

目次 : 第1章 松平定信と内憂ディレンマ/ 第2章 「解体」のメタフォリックス/ 第3章 図像管理する王権/ 第4章 応挙、「新意」に走る/ 第5章 中心と周縁

【著者紹介】
タイモン・スクリーチ : 1961年、英国バーミンガムに生まれる。1985年、オックスフォード大学卒業。1991年、ハーヴァート大学博士課程修了。現在ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院(SOAS)教授・日本美術史。国際交流基金スカラー、朝日フェローを受けて日本留学。「ニュー・アート・ヒストリー」の方法論と光学・機械・身体論という視点の新しさによって江戸文化論に新しい局面を開こうとしている

高山宏 : 1947年、岩手県に生まれる。1974年、東京大学人文科学修士課程修了。現在東京都立大学人文学部教授・英文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ut_ken さん

    正直、著者の小説的想像が過ぎないかと思える部分もあるが、松平定信を徳川政権の権威と境界定義のため、文化をカタログ化したり視覚にうったえたりといった手法を取っていたとする。他にも当時的価値観で真面目な政治家の外面を演じていたことと内面とのからみによる定信の複雑性や、当時の文化の変化など。

  • meg_u_miffy さん

    ある人の本質をあらわす年齢が、もっとも変化のない40代だという言葉を根拠に、江戸の300年、最初とおわりの200年にはさまれた江戸中期が「江戸時代」の文化を正確につかむ物差しだ。という定義づけからはじまる本書は、内容に納得し、腑に落ちるが、要はなんだと聞かれると言葉にできない。勉強不足を実感する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

タイモン・スクリーチ

1961年生まれ。オックスフォード大学卒業。ハーヴァード大学大学院美術史学博士号取得。現在、ロンドン大学教授。専門は、日本美術史、江戸文化論

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品