パリ警視庁迷宮捜査班 ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ソフィー・エナフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150019433
ISBN 10 : 4150019436
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;19

内容詳細

六カ月の停職から復帰したパリ警視庁警視正のアンヌ・カペスタンは、新結成された特別捜査班を率いることを命じられる。しかし、あてがわれたオフィスは古いビルの一角。集められたメンバーは、売れっ子警察小説家(兼警部)、大酒飲み、組んだ相手が次々事故に遭う不運の持ち主など、警視庁の厄介者ばかり。アンヌは彼らとともに、二十年前と八年前に起きたふたつの未解決殺人事件の捜査を始めるが、落ちこぼれ刑事たちの仕事ぶりはいかに…「フランスの『特捜部Q』」と評されるコミカル・サスペンス、開幕!

【著者紹介】
ソフィー・エナフ : フランスのジャーナリスト、作家、英仏翻訳家。コスモポリタン・フランス誌のユーモアページの名物ライターである。『パリ警視庁迷宮捜査班』がデビュー作

山本知子 : 早稲田大学政治経済学部卒、東京大学新聞研究所研究課程修了、フランス語翻訳家。訳書多数

川口明百美 : 専修大学文学部国文学科卒、フランス語翻訳家。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のぶ さん

    タイトルとは似合わないコミカルな内容だった。主人公はパリ警視庁警視正のアンヌ・カペスタン。六カ月の停職から復帰して、いきなり新結成された特別捜査班を率いることを命じられる。この捜査班のメンバー、人数は多くいるが、皆、落ちこぼれの厄介者ばかり。そんな班で二つの未解決事件の捜査を始めるが・・・。このメンバーが個性的で、良く色分けされていて、事件の捜査よりキャラクターを読む作品だと思った。本のコピーにはフランスの「特捜部Q」だと謳われているが、自分はカール・ハイアセンの作品に近いと感じた。

  • あさうみ さん

    フランス版特捜部Qとのこと。お払い箱のように集められた部署には個性的な面々が揃う。過去の未解決事件を探っていき、筋は通ってる結末かな。1作目から意外とメンバー多いのね(笑)疫病神トレスが好き。特捜部Qは越えられないけど、こういう陽気な味のある警察小説もいいかもしれない。

  • み さん

    面白かったぁ♪訳ありな方々の迷宮捜査ってQみたいと読み始めましたが、こちらの方がコミカルな感じ。お話のスジはガッツリです。本国ではシリーズになってるようなので、翻訳して欲しいです。

  • 黒猫 さん

    警察の問題児ばかりを集めた特別班が未解決事件に挑む。班のリーダーは37歳女性。しかも美人。まあ小説だし、フランスだし、美人だわな。名前はカペスタン。カーペンターズみたいで紛らわしい。班のメンバーがリーダー除いて8人もいて多すぎだと思う。印象薄い人は誰だっけこいつって何回も思った。大勢な分賑やかで楽しい面もあるが。更に同時に2つの殺人事件を追うから集中力が必要。捜査は割とすんなり片付いた。レクサスに乗る金持ちのロジエールとその飼い犬がいい味出してた。

  • ノベツ さん

    丁寧に濃いキャラが描かれていて楽しい。しかし登場人物が多い上に、二つの事件と謎のお話が同時進行するのでキャラを覚ええるのが大変。登場人物一覧は後書のようにキャラの特徴を書くとかもっと頑張るべき。しかし全ての伏線が1点に収束する展開はなかなか素敵。ただ、金持ちキャラを便利に使いすぎてるし、ピエール・ルメートルの方が上手かな、とは思うが、あっちは暗いし、痛しかゆし。しかし何より衝撃的なのは、フランスは昼休みが2時間あるってところ。職場も超楽しそうだし、違う意味で日本人はダメージ受けちゃう本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ソフィー・エナフ

フランスのジャーナリスト、作家、英仏翻訳家。コスモポリタン・フランス誌のユーモアページの名物ライターである。『パリ警視庁迷宮捜査班』がデビュー作

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品