フランス革命下の一市民の日記 1791〜1796

セレスタン・ギタール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784120009174
ISBN 10 : 4120009173
フォーマット
出版社
発行年月
1980年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
366p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 印度洋一郎 さん

    書名通り、フランス革命時にパリ在住の70歳近くの男性が、日々の事を何年間も書き続けた記録。日付、温度、天気に続き、体調、暮らし向き、世情などについて色々書いてある。歴史的大事件と「風邪引いた」が同列に並んでいるので、ちょっと読み難いが貴重。ルイ16世一家が逃亡した後も尊敬されていたのに、僅か一年ほどで「暴君ルイ処刑」と書かれてしまうほど、世の動きが激しい。それから、ジャコバン派の粛清に端を発して、連日大量処刑が続くと、「今日は何人処刑された」と処刑者の名前、年齢、肩書きを毎日淡々と羅列しているのも怖かった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品