セルマ・オッティリアーナ・ロヴィサ・ラー

人物・団体ページへ

ダーラナの地主館奇談

セルマ・オッティリアーナ・ロヴィサ・ラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784823106408
ISBN 10 : 4823106407
フォーマット
出版社
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
179p;20

内容詳細

『ニルスの不思議な旅』の作家がスウェーデンの大自然を舞台に描く、愛と狂気、夢と現実が交錯する幻想ロマン。病んだ心を癒す愛の力の物語。

【著者紹介】
松岡尚子 : 1941年岡山県生まれ。1963年津田塾大学英文学科卒業。1975年〜1977年ミュンヒェン在住。1978年〜神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 888 さん

    童話のような味わいでありながら、夢想や幻想によるお告げのようなものや導きのようなものに救われるわけでもなく、何かをしたからといって物事が全て良くなるわけではなく、『現実をしっかり見て向き合え』と言われているように感じてしまいました。妄想ばかりしている私には耳が痛かったです。墓場百合子の名前がどうも引っかかる。

  • h さん

    墓地にて、イングリッドがヘーデを抱きしめる場面の感動を、読み終えた今も形容することができない

  • 桜井晴也 さん

    「こうして生きて運ばれて行くんだと思うだけで、嬉しくてたまらない。この道を、この丘を越えて、また再び私が帰って来るなんて、今朝は一体誰が思ったことだろう! むんむん香るクローバーだって、小鳥たちだって、心地よい日陰を作る樹々だって、みんな生きている者の楽しみのためにあるんだわ。」

  • みっく さん

    「ニルスの不思議な旅」の作者さんです。グリム童話とかっぽい雰囲気?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品