アンジェリク 2

セルジュ・ゴロン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061855724
ISBN 10 : 4061855727
フォーマット
出版社
発行年月
1994年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
463p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • saba さん

    怒濤の展開は、読むのが何度目だとしてもやっぱり前のめりになってしまう。夫を失い自分の身分さえ奪われ、ならず者の巣窟へ流転。でも彼女の逞しさは少しも傷つかない。数多の女性主人公の中でも屈指の好きなヒロインだ、アンジェリク。(アン、おばちゃま、キャサリン、キヴリンに浮舟、実際枚挙に暇がないが…)

  • ネフェルティア さん

    再読。全巻通して一番辛い巻だ。ジョフレにかかる魔法使いの疑惑と裁判、拷問、そして巨大な敵。今後の展開を知っていても、再読していて本当に辛く悲しかった。主人公アンジェリクは、そんなに好きではないけど、ジョフレの肉体的な苦痛と、アンジェリクの精神的な辛さが本当に伝わってきた。辛く悲しい章であるに関わらず、やっぱり完全版が読みたいと思ってしまう。でも、完全版でなくても十分に楽しめた。

  • みか さん

    幸せな結婚生活を送っていたアンジェリク。しかし夫のペイラック伯爵は魔法使いと名指しされてしまう。そこには大きな陰謀があって、アンジェリクは夫のジョフレを救おうとするのだが…。地位も財産も全てを失ったアンジェリク。生きるために乞食たちの闇の王国に住むことになる。この二巻を読み終わったとき、精神的に疲れたと感じました。。。全26巻。しかしまだ2巻が終了したところ。果たして最後までたどり着けるのかな〜。

  • punto さん

    追記。

  • のんき さん

    (整理)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品