ズジスワフ・ベクシンスキ

人物・団体ページへ

ベクシンスキ作品集成 1

ズジスワフ・ベクシンスキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309908588
ISBN 10 : 4309908586
フォーマット
発行年月
2010年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

ポーランド幻想絵画の巨匠ズジスワフ・ベクシンスキ。1950〜70年代の全盛期を中心に、写真、彫刻、ドローイング、CGにおける彼のアートワークを集成した、ファン待望のシリーズ第1巻。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • だてまき( ˘ω˘)スヤァ さん

    弐瓶勉の漫画「BLAME!」をきっかけに好きになったベクシンスキ。一見すると怖い、気持ち悪い、という印象を受けるかもしれないけれど、ベクシンスキの世界に流れる「途方もなさ」が好きで仕方ない。BLAME!にも共通する、日常からかけ離れた途方も無く膨大な時間や距離感に陶然とする。

  • wanted-wombat さん

    主に前期の作品を中心に掲載。また、ベクシンスキの写真も入っているので、ベクシンスキが世界をどのように捉えていたかが実写で見て取れる。写真は本当に最初期の頃だけのようだが、構図や世界観などは彼の著作を思わせる。この作品集を見て思ったのは、彼の絵に描かれる人物達は、何だかどこか穏やかな表情のように見えるものが多いなという印象です。

  • アキヒト さん

    終焉の画家の画集。骨と椅子と十字架と建造物、世界が終わったあとの世界に遺るもの。音もなく日光もなく酸素もなさそうです

  • アテルイ さん

    強烈ですね。としか自分は、言葉がでないです

  • やきそらまめ さん

    ベックリンっぽいと思ったらやっぱり影響を受けていたのか。音楽がないと絵が描けないとのことだけど、ベクシンスキの絵から受ける印象は魂をしめつけるような圧倒的な静寂だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品