スーザン ブロックマン

人物・団体ページへ

美しき容疑者 MIRA文庫

スーザン ブロックマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784596912381
ISBN 10 : 4596912386
フォーマット
発行年月
2007年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,301p

内容詳細

工芸品鑑定士のアニーは窮地に立たされていた。ヨーロッパで相次ぐ美術品窃盗事件の容疑者として当局にマークされたうえ、何者かに命を狙われているのだ。そんなある日、アニーの身を案じた人物に雇われたというボディーガードが彼女の前に現れた。見ず知らずの異性を家に泊めるなんて冗談じゃないわ!反発するアニーにかまわず、彼は平然と言い放つ。「僕が眠るのは、きみのベッドルームだ」彼の瞳の奥に宿る欲望に気づいた瞬間、アニーは強烈に意識した―いま身に迫る危険よりも、この謎めいた男の魅力にとらわれる危機を。

【著者紹介】
スーザン ブロックマン : RITA賞を含め、数々の受賞歴を誇るベストセラー作家。1992年に小説を書き始めて以来、たくましいヒーローが活躍するスリリングで読みごたえのある物語を次々と世に送りだしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りり さん

    ★★☆☆☆可もなく不可もなく、H/Hに特段の魅力もなく普通に読み終えてしまった

  • ばん さん

    ヒロインを騙して近づき、惹かれていくけど罪悪感で手を出せないという好感度が高いnot傲慢ヒーロー。そんなヒーローに押せ押せだけどあまりにもヒーローが引くので、自分が愛するようにあっちは愛していないと不安になるヒロインもなんだか可愛いです。騙していた内容は酷いもので怒れるけど、文字通りあそこまで体を張って助けてくれたらもう許しちゃうよね〜。

  • mum さん

    FBIもだけど、CIAって…2度目のチャンスがあって良かったわね!

  • ちゃろ さん

    ⭐⭐⭐再読。美術品鑑定士のヒロインと、ヒロインに嫌疑をかけて、証拠をつかむため、ボディーガードとして同居を始めるCIAのヒーロー。ヒロインがヒーローの素性を知らないままに好きになり、ヒーローも罪悪感でヒロインが近づこうとするたびに拒絶する。 よくある設定だったけど最初のほうはテンポ良く読めた。サスペンス絡みなので、ロマンスはイマイチ。ヒロインを容疑者と決めつけるCIAやFBIのお粗末さが強引なストーリー展開に最後は流し読み。

  • ポムフリット さん

    ★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スーザン ブロックマン

『USAトゥデイ』『ニューヨークタイムズ』ベストセラーリストに何度も登場、RITA賞も二度受賞している人気作家。2000年から2002年まで三年連続アメリカ・ロマンス作家クラブのナンバーワン・フェイバリット・ブック・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、『ロマンティックタイムズ』のレビュアー賞も度々受賞している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品