LPレコード 輸入盤

弦楽四重奏曲第1番『わが生涯より』、第2番 パヴェル・ハース四重奏団 (アナログレコード)

スメタナ(1824-1884)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SU4172LP
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

スメタナ(1824ー1884):
A 面 弦楽四重奏曲第1 番 ホ短調「わが生涯より」(1876)(28:32)
B 面 弦楽四重奏曲第2 番 ニ短調(1882ー83)(19:03)

パヴェル・ハース四重奏団【ヴェロニカ・ヤルツコヴァ(1stヴァイオリン)、マレク・ツヴィーベル(2ndヴァイオリン)、
パヴェル・ニクル(ヴィオラ)、ペテル・ヤルシェク(チェロ)】
セッション録音:2014年11月29&30日、12月6&7日/ドモヴィナ・スタジオ、プラハ

★チェコを代表する実力派クァルテット、パヴェル・ハース四重奏団。当団6 枚目となる最新アルバムとしてリリースされたスメタナが遂にLP でリリース
されます!
★スメタナの代表作のひとつに数えられる弦楽四重奏曲第1 番「わが生涯より」は聴力を失った1876 年10 月頃から作曲を開始し同年末頃に完成され
るも、技術的難などにより初演の引き受け手がすぐにはみつからず、完成から約2 年後1879 年3 月26 日に友人のスルブ=デブルノフの家でようやく試演、
その3 日後に公開初演されました(試演のみドヴォルザークがヴィオラを担当)。感情と主観のロマン派音楽の特徴を表したスメタナの傑作に数えられます。
一方、1882 年から翌83 年に作曲された弦楽四重奏曲第2 番は自由な形式の中に激しい衝動と悲愴感に満ちたドラマチックな作品です。なお、これら
2 作品はスメタナ四重奏団が、今回の録音場所と同一のドモヴィナ・スタジオにて1962 年に3 月にセッション録音した名盤がSupraphon レーベルより
リリースされていますが、半世紀を過ぎた今、新時代を担うパヴェル・ハース四重奏団によって新たな名盤が誕生したと言えましょう!プレスは独パラス社
です。
★当録音の24 bit 192 kHz のHi-Res ダウンロードができるバウチャーが封入されております。

(メーカーインフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スメタナ(1824-1884)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品