CD

とげまる

スピッツ

基本情報

カタログNo
:
UPCH1803
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

待ちに待ったスピッツのニューアルバムがいよいよ登場!ツアーですでに披露され、高評価を得ている楽曲も収録されているほか、タイアップ曲も多数収録。非常に良いアルバムに仕上がっています。

内容詳細

初々しい円熟味、おだやかな狂気、潤いをたたえた貪欲。そんな相反するイメージをキリリと整合させつつ、シングル&タイアップ曲5曲を収録した13枚目のアルバムは、まさに“it's aスピッツworld”。これを聴いて、柔らかな幸福感に包まれるか、繊細な絶望感にさいなまれるかは、あなた次第。(由)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
大切な人と聴きたくて購入しました。 いつ...

投稿日:2010/12/20 (月)

大切な人と聴きたくて購入しました。 いつか笑顔で一緒に聴けることを願っています。

733 さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
前作ほどに強いメーッセージ性を持たない、...

投稿日:2010/11/22 (月)

前作ほどに強いメーッセージ性を持たない、どちらかと言えば一見まとまりは緩いアルバムのようですが、反面非常にSimple&Strongな作品に仕上がってると思います。先行発売された数曲を敢えて意識せずに、最初から最後までじっくり聴くと、先に出された曲がアルバム全体の中にしっくり収まるのが驚きで、彼らが3年の間にこのアルバムの完成を視野に入れて少しずつ作品を作ってきたのがよく判ります。特に7,8,9を越えて、10から11(「若葉」)を頂点に14まで締めくくる流れは、一つ一つの曲の完成度の高さも相まって素晴らしく見事でした。スピッツにつき合ってはや15年以上、もう少しアルバムのリリース間隔が縮まれば、と思いたいけれど、世間の評価に動かされず、あくまで自分たちのペースで着実に作品を作り続けていく彼らの前では、何も言う事はないですね。いつまでも、この調子で素晴らしい作品を届け続けて欲しいです。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
しばらくCDを買っていなかったのですが、発...

投稿日:2010/11/16 (火)

しばらくCDを買っていなかったのですが、発売を知り購入しました。前作より僅かにテンションは緩むもののいっぱいのサウンドワールドが懐かしい。詩も今までの集大成と言える展開で、期待通り。かえって、もう一度前作を今聴きなおして、あの時のその真剣さがいまさらながら分かったようなところもあります。しかしどうしてこんなサウンドでまとめるのかなぁと..。ギターとドラムのオトはもっとスリムに磨いてクリアにしないと、上手いのに勿体ないしベースは少し懲りすぎで場合によって曲の繊細感をスポイルしてる。弦も録りが汚れているのにそのまま足している。だいたいなぜ簡単に合わせるだけで、混ぜておしまいでミックスするんだろうか。ほかの日本のバンドのも、あぁ..とよく聴かれる仕事で、NHKのSONGSの集録のほうがずっとマトモなのが情けない。サウンドプロディユサーと言っていいのか、スタッフのレベルは海外のそれに比して情けない低レベルで呆れる。私なら彼らに金は払わない。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スピッツ

1987年の夏、東京の某美大へ通うため上京していた草野正宗を中心にパンク・バンドを組んだのがきっかけとなって結成されたスピッツ。印象的なハイトーンヴォイス、ソングライティングセンス、バンドとしてのクオリティは、ブレイク前からシーンにおいて既に突出した存在だった。結成からはや15年、彼らの向かう先はまだまだ定まったりはしない。いつだって蒼く煌いたサウンドを届けてくれた彼らには、『成熟』という言葉は似

プロフィール詳細へ

スピッツに関連するトピックス

おすすめの商品