CD

【中古:盤質A】 スネークマンショー・アンソロジー

スネークマン ショー

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付,2枚組み,紙ジャケット
コメント
:
ライナーなし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

カタログNo
UICY1225
レーベル
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

プロデューサー、選曲家である桑原茂一、DJである小林克也、俳優の伊武雅刀と共に製作したラジオ番組『スネークマンショー』(1976年〜80年)のネタを執念のお蔵出し作業によって2枚組CD化!

伊武雅刀・小林克也・桑原茂一の作・出演により制作され、1976年から1980年にわたり放送された 伝説のラジオ番組「スネークマンショー」。残された膨大な未商品化ギャグと、 ユニバーサル ミュージックが誇る洋楽曲(ロック/ニュー・ウェイヴ/レゲエ/ソウル/ブラジル etc)を巧みにコンパイル、21世紀に甦らせました。
収録されているギャグのうち、「盗聴エディ」や「ホテルニュー越谷」などは、これまでに発売されたLPやCDに収録されたもののオリジナル、もしくは 別テイクです。
ソニーミュージックダイレクトからスネークマンショー関連の4タイトルに続いて、ファンには最高のプレゼント!
※初めて聴く際はヘッドフォンをご使用になることをお薦めします。

※小林勝克也 率いる中年ロック・ユニット、小林克也&ザ・ナンバーワン・バンドの久々の最新アルバム『バナナ・ドリーム』もあわせてどうぞ!

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 成田第 13 機動隊
  • 02. It's A Man's Man's Man's World
  • 03. 青白い狼
  • 04. T'm A Wonderful Thing,Baby
  • 05. 盗聴エディ
  • 06. More Funky Stuff
  • 07. ニュースの時間
  • 08. Tim Dom Dom
  • 09. あなたは名探偵
  • 10. Hustler's Tango
  • 11. 越谷カントリークラブ
  • 12. Sooner Or Later
  • 13. ホテルニュー越谷
  • 14. I Want You
  • 15. コナサンミンバンワ
  • 16. Never,Never Gonna Give You Up
  • 17. 青白い狼 2

ディスク   2

  • 01. Let's Enjoy Olympic
  • 02. Mercy Mercy Me (The Ecology)
  • 03. 楽しい料理
  • 04. Prime Time
  • 05. じゃんけん
  • 06. Soul Power '74
  • 07. 歌の教室
  • 08. Fools Rush In
  • 09. ラジオショッピング 1
  • 10. ラジオショッピング 2
  • 11. ラジオショッピング 3
  • 12. 刑事コロンダ
  • 13. Baby We Better Try And Get It Together
  • 14. 解りやすい英会話
  • 15. It's Too Funky In Here
  • 16. 明るいラジオ
  • 17. Daddy's Home
  • 18. Christmas News
  • 19. If You Love Me
  • 20. 日本はいい国
  • 21. Never Can Say Goodbye

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
まあ特に新しくも珍しくもない高いだけのデ...

投稿日:2006/09/30 (土)

まあ特に新しくも珍しくもない高いだけのディスク、ヘッドホンもいらない! 海賊盤のが好き。

ティングレー さん | 不明

1
★
★
★
★
☆
ディスク2のトラック14にぶったまげる仕掛...

投稿日:2006/01/22 (日)

ディスク2のトラック14にぶったまげる仕掛けが。 買って何度か聴いてたら突然中国語会話版になった…。 英会話版はどこに行ったんだ?

!! さん | 東京都 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
点数は出たことに対してだけの評価。 紙ジ...

投稿日:2004/06/03 (木)

点数は出たことに対してだけの評価。 紙ジャケでもいい、「未商品化」と嘘が入っていてもいい、LP時代から聞いている自分にとって、このリリースほどインパクトが無いものは無かった。まだ、トラックNo.無し説明書無しの「やんこまりたい」のほうが思い切りがよかった。このCDにはなにも「新しい」発見というか工夫が無いのが寂しい。時代がそれだけ窮屈(危機的状況)である証か。

junk さん | tokyo | 不明

0

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品