ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

(4 Hands Piano)le Sacre Du Printemps: Fazil Say(P)

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573810412
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

細部に注目!ファジル・サイ「春の祭典」<br><br>衝撃的なモーツァルトでデビューを飾ったサイの4作目にして日本デビュー盤は、多重録音による「春の祭典」。<br> 4手Pf版を下地にしながらも、管弦楽のスコアを元に最高10手にまで拡大した独自の編曲版によります。さらに、弦を手で押さえてのミュート、弦に金属片を付けたプリペアド奏法なども導入。<br> また、こうした工夫は、返って音楽的にそれほど派手ではない個所で生かしているということもあり、じっくり聴いてみると2つの音だけがミュートされていたり、その芸の細かさには感心するばかり。もちろん、急速なフレーズも圧倒的迫力で迫ります。<br> 決して聴き飛ばさず、出来ればヘッドフォンでじっくりと聴いていただきたい1枚です。1曲のみの収録のため、シングルCD扱いのお値打ち価格。また輸入盤のみCDエクストラ機能付で、パソコンに挿入すると、ガーシュウィン、バッハ、そして「春の祭典」を抜粋で演奏するプロモーション・ビデオ(6分程度)や、サイのオフィシャル・サイトへのリンクなどのデータを楽しむことが出来ます。

収録曲   

クラシック曲目

  • Igor Stravinsky (1882 - 1971)
    Le sacre du printemps
    演奏者 :
    Say, Fazil (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Ballet
    • 作曲/編集場所 : ,
    • 言語 :
    • 時間 : 31:12
    • 録音場所 : 02/1999, Great Hall, Arsenal, Metz, France [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ファジル・サイのどこが「奇才」なのか。4...

投稿日:2011/06/24 (金)

ファジル・サイのどこが「奇才」なのか。4手版を独特の手法でアレンジ、多重録音しているわけだが、音楽そのものは実に真っ当であり、しっかりした曲想をもって音楽を構築していることが伺える。オケになじんだ曲のピアノ版を聴くとどうしても貧相な印象が否めないものだが、ピアノのみで「春祭」の原初的躍動をここまで表現し得たというのは驚異だ。ファジル・サイが曲にかける想いや世界観が実によく伝わってくる。

chopianism さん | 北海道 | 不明

3
★
★
★
★
★
ピアノという楽器がオーケストラより音域が...

投稿日:2010/08/26 (木)

ピアノという楽器がオーケストラより音域が広く、「鍵盤楽器」と分類されながら実は打楽器に近いことを実感させてくれる名演。1人2役のファジル・サイが、プリペイド・ピアノや指で弦を弾く奏法なども実行する演奏で、ピアノ奏法の可能性についての入門書のようなCDであると思います。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
多重録音でこういう作品に挑戦なんて発想が...

投稿日:2009/11/17 (火)

多重録音でこういう作品に挑戦なんて発想がロックっぽいですね、音質も演奏も素晴らしいけど、足踏み音かな?ドンドン言う音が気になります。演奏時間が短いんで、もう少し余分に収録曲があると申し分ないんですが・・

ホセ・リー さん | 愛知県 | 不明

2

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:Hideさん