ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

SACD

(2 Pianos)le Sacre Du Printemps: 寺田悦子 渡邉規久雄(P)+rachmaninov: Suite, 2,

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCT00084
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

内容詳細

作曲者自身による連弾用編曲を2台のピアノ用に書き直し、さらに種々の変更を加えた演奏家独自の版による“ハルサイ”。物量的な意味ではオケの原曲にかなわぬが、これはこれでストラヴィンスキーの響きの骨格のようなものが見え、つい興奮してしまう面白さがある。演奏もまずまず。(教)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
う〜ん。余程の事が無い限り、ネガティブな...

投稿日:2020/08/08 (土)

う〜ん。余程の事が無い限り、ネガティブなコメントはしたくないのですが、ハルサイは楽譜通りの真面目な演奏で、この曲に絶対必要たる強弱明瞭なダイナミックさとリズム感に欠けており、満足感が全くありません。 当盤以前に、ファジル・サイ、アシュケナージ=がブリーロフなどの個性的な録音があるのに、かなり時代遅れの印象。関係者は頻繁にベンチマークしているのでしょうか? ある意味、日本のクラシック界がグローバル化に遅れてタコ壺に入ったままを象徴している気がします。勿論、世界に十分通用する優秀な日本人演奏者は少なからずいますが、こうした録音が普通にリリースされるとは、裾野の狭さも感じてしまいました。 コロナ禍で演奏会にも行き難い時代ですが、だからこそ世界でも十分に翔ける、若手の実力者をもっとレコーディングで支援して欲しいと思います。

ギマロ さん | 東京都 | 不明

0

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品