CD 輸入盤

春の祭典、他 カンブルラン&南西ドイツ放送交響楽団

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
93196
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

鬼才カンブルランによる衝撃の『ハルサイ』が登場です。細部のえぐいまでの面白さを体感できる独特の響き、キャンバスに絵の具をたたきつけてぬりたくったような原色の色彩など、近現代の作品を得意とする指揮者とオケの顔合わせがみごとな覚醒作用を生んでいます。
 さらに、このストラヴィンスキーのドギツさにあてられたあとは、デュカスとドビュッシーの精妙な世界が待っています。アルバムのタイトルが示すように、興行師ディアギレフ率いるロシア・バレエ団によって委嘱されたこれらの作品。不世出のバレエ・ダンサー、振付師のニジンスキーが世に出したにもかかわらず、視覚的効果を必要としない傑作のため本来のバレエ・レパートリーではなくなってしまったものです。(キングインターナショナル)

『ディアギレフとロシア・バレエ団の音楽 Vol.1』
@ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』
Aドビュッシー:バレエ音楽『遊戯』
Bデュカス:『ラ・ぺリ』のファンファーレ
Cデュカス:舞踊詩『ラ・ぺリ』
 SWR南西ドイツ放送交響楽団
 シルヴァン・カンブルラン(指揮)
 録音:@2006年11月 A2006年7月 BC2004年2月

収録曲   

  • 01. STRAVINSKY:Le Sacre du printemps, Part One Introduction
  • 02. The Augurs of Spring
  • 03. Game of Abduction
  • 04. Spring Round Dances
  • 05. Games of the Rival Tribes
  • 06. Procession of the Sage
  • 07. The Sage
  • 08. Dance of the Earth
  • 09. Part Two Introduction
  • 10. Mystical Circles of the Young Girls
  • 11. Glorification of the Chosen One
  • 12. Evocation of the Ancestors
  • 13. Ritual of the Ancestors
  • 14. Sacrifical Dance (The Chosen One)
  • 15. DEBUSSY: Jeux - Dance Poem
  • 16. DUKAS: Fanfare pour prècèder "La Pèri"
  • 17. DUKAS: La Pèri - Dance Poem

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「春の祭典」に駄演はなく、押し並べてすべ...

投稿日:2012/01/19 (木)

「春の祭典」に駄演はなく、押し並べてすべてが名演。というのが私の個人的な考え方で、それが禍で出る盤出る盤、どんどん買い集めてしまい大変なことに。昔、カラヤン盤が出た時は、凄い曲だなあと思ったし、ゲルギエフ盤が出た時はうーんと唸ったし、サロネン盤が出た時はついに真打登場と言ったものでした。カンブルラン盤、テンポについては前の方々ご指摘の通り遅めであり、オケのバランスはまさに理想的。カオスもどこか美的であるし、録音も秀逸。これがSACDだったらどうなるんだろう、と欲が出てくる。I・フィッシャーが待ち遠しいところだが、そろそろハルサイ収集も幕を閉じる頃か。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ハルサイを聴いて久しぶりに興奮した。語弊...

投稿日:2008/01/27 (日)

ハルサイを聴いて久しぶりに興奮した。語弊があるかもしれないが敢えてロマンティックな演奏と言いたい。遅い目のテンポで十分に音を鳴らし切っており、それが身勝手な解釈ではなく、聞き手が理解するためにはこのテンポが必要だといわんばかりの凄みを持って迫ってくる。録音面では、自然な音響のプレゼンスの中で、楽器の定位がよく、絡み合いが非常によく分かる。もちろん、迫力も十二分に伝わってくる。この録音にこの演奏。間違いなく特上のグレードA。

ぶりす さん | 大阪 | 不明

4
★
★
★
★
★
120種類の以上のハルサイのCDを聞いてきて...

投稿日:2007/10/04 (木)

120種類の以上のハルサイのCDを聞いてきて断言できる、ベストワンの演奏であると。こうも素晴らしいと月並みなほめ言葉しか浮かばない。世評名高いゲルギエフやブレーズの演奏を、掛け値なしに超えている。このシリーズが俄然楽しみである。

ネコ さん | 大阪 | 不明

6

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品情報

  • 【LP】春の祭典/小林研一郎&ロンドン・フィル 小林研一郎&ロンドン・フィルによるストラヴィンスキーの『春の祭典』が300枚プレスでアナログ化。DSDマスターからのEXTONスタジオ仕様のアナログサウンドをダイレクト・カッティング。 HMV&BOOKS online|2018年10月24日(水)
  • ゲルギエフの『ペトルーシュカ』『かるた遊び』 SACDハイブリッド。『ペトルーシュカ』はパリで初演されたこともありフランス風な演奏も魅力的ですが、ゲルギエフはあくまでロシア音楽として、しかもオリジナル1911年版にこだわりを示しています。 HMV&BOOKS online|2018年10月10日(水)
  • 【LP】エベレストの「春の祭典」が高音質LP再発 話題の再発!「春の祭典」の名演として知られるグーセンス指揮&ロンドン交響楽団による作品がClassic Records by Analogue Productionsから2枚組、45回転盤として登場! HMV&BOOKS online|2018年8月23日(木)
  • サロネン・コンダクツ・ストラヴィンスキー(7CD) サロネンが30代前半にソニーにおこなった一連のストラヴィンスキー録音は、サロネン初期の偉業として、オーケストラ・ファンには見逃せない傑作が揃っています。 HMV&BOOKS online|2017年3月26日(日)
  • シアトル交響楽団の『火の鳥』とジミヘン・オマージュ 指揮は音楽監督のモルロー。組み合わせはシアトル生まれのロックスター、ジミ・ヘンドリックスへのオマージュ作品で作曲はロシアのニコラエフ。注目のプログラムです。 HMV&BOOKS online|2017年1月19日(木)
  • ストラヴィンスキーの3大バレエを管弦楽版と4手ピアノ版で収録 壮烈な音が炸裂するオーケストラ版、作品の細部までが良く理解できるピアノ4手版、それぞれの聴き比べも楽しい、デニス・ラッセル・デイヴィス&バーゼル交響楽団、滑川真希によるアルバムをまとめた4枚組ボックスです。 HMV&BOOKS online|2016年12月9日(金)

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品