ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ブーレーズ・コンダクツ・ストラヴィンスキー(6CD)

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4778730
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブーレーズ・コンダクツ・ストラヴィンスキー(6CD)
すべて各曲の決定盤を揃えた、ブーレーズにしかなしえない究極の6枚組


ストラヴィンスキー演奏のスペシャリストとして、これまでに発表した全ディスクが決定盤として賞賛される巨匠ピエール・ブーレーズ。彼が1980年から1996年にかけてDGに残した全録音をまとめた豪華6枚組をお届けします。彼の名声を決定づけた3大バレエはもちろん、めずらしい協奏曲や室内楽の数々、そして長らく廃盤になっていたソプラノのブリン=ジュルソンほかとの歌曲集まで、幅広いジャンルを網羅した完全無欠のラインナップになっています。(ユニバーサルIMS)
 参考までに、各ディスクのオリジナル・アルバム、もしくはその音源が含まれているアルバムのジャケット画像を表示しておきます。


【収録情報】
CD1
・バレエ音楽『火の鳥』全曲
・幻想曲『花火』Op.4
・オーケストラのための4つのエチュード
 シカゴ交響楽団

 録音時期:1992年12月
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD2
・バレエ音楽『ぺトルーシュカ』(1911年版)
・バレエ音楽『春の祭典』
 クリーヴランド管弦楽団

 録音時期:1991年3月
 録音場所:クリーヴランド、メイソニック・オーディトリアム
 録音方式:デジタル(セッション)

CD3
・幻想的スケルツォOp.3
・カンタータ『星の王』
・交響詩『うぐいすの歌』
・組曲『兵士の物語』
 クリーヴランド管弦楽団&合唱団

 録音時期:1994年11月、1996年2月
 録音場所:クリーヴランド、メイソニック・オーディトリアム
 録音方式:デジタル(セッション)

CD4
・管楽器のための交響曲
・詩篇交響曲
・3楽章の交響曲
 ベルリン放送合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1996年2月
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

CD5
・エボニー・コンチェルト
・クラリネット・ソロのための3つの小品
・コンチェルティーノ(弦楽四重奏版)
・15人の器楽奏者のための『8つのミニチュア』
・協奏曲変ホ長調『ダンバートン・オークス』
・エレジー(ヴィオラ・ソロ版)
・フュルステンベルクのマックス公の墓碑銘
・弦楽四重奏のための二重カノン
 ジェラール・コセ(ヴィオラ)
 ミシェル・アリニョン(クラリネット)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン

 録音時期:1980-1982年
 録音場所:パリ、IRCAM
 録音方式:ステレオ(セッション)

CD6
・パストラールOp.1
・ベルレーヌの2つの詩
・バーリモントの2つの詩
・3つの日本の抒情詩
・わが幼き頃の思い出(3つの小さな歌曲)
・プリバウトキ(戯歌)
・猫の子守歌
・4つの歌曲
・チーリン・ボン
・パラーシャの歌(マヴラ)
・シェイクスピアの3つの歌曲
・ディラン・トマスの追悼のために
・J.F.K.のための悲歌
・ヴォルフ:2つの聖歌曲(ストラヴィンスキー編曲)
 フィリス・ブリン=ジュルソン(ソプラノ)
 アン・マレイ(メゾ・ソプラノ)
 ロバート・ティアー(テノール)
 ジョン・シャーリー=カーク(バリトン)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン

 録音時期:1980年
 録音場所:パリ、IRCAM
 録音方式:ステレオ(セッション)

 ピエール・ブーレーズ(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Stravinsky: The Firebird; Fireworks; 4 Studies

ディスク   2

  • 01. Stravinsky: Petrouchka; Le Sacre du Printemps

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ストラヴィンスキーの作品集は同じブレーズ...

投稿日:2021/07/18 (日)

ストラヴィンスキーの作品集は同じブレーズでSONYからも出ているが、こと展開が激しく瞬発力が必要とされるストラヴィンスキーの指揮に関しては若い時に録音されたSONYのボックスセットに軍配が上がると思う。 が、こちらにはSONYに収録されていない曲も多いので2つのボックスでワンセットと考えると良いと思う。 個人的にはどちらか一つと云われれば迷わずSONY盤を選ぶと思うが決してこちらのボックスセットの完成度が低いということではない。

I.O.U さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブーレーズの快活な良い演奏。ストラヴィン...

投稿日:2019/12/09 (月)

ブーレーズの快活な良い演奏。ストラヴィンスキーの濃い所だけ入っているお買い得品。 CDが窓付きの封筒みたいなのに入っており糊付けされている。これはいただけない。

氷の丈二 さん | 山梨県 | 不明

0
★
★
★
★
★
作曲家らしい読みの深い演奏だが、決して無...

投稿日:2012/10/06 (土)

作曲家らしい読みの深い演奏だが、決して無機質にならず、熱い血にみなぎる情熱が伝わってくる。録音も良く、濁りのない力感あふれるオケの響きが満喫できる。これとあと作曲家自演の「エディション」があれば、もう満腹かな?

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

3

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト