ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲、マルタン:ヴァイオリン協奏曲、オネゲル:パシフィック231 スクリデ、T.フィッシャー&BBCウェールズ・ナショナル管

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEO849121
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

バイバ・スクリデ圧巻!
ストラヴィンスキーとマルタンの協奏曲に
新たな光を当てた驚きの名演


ラトヴィア出身のヴァイオリンのスター、バイバ・スクリデ待望の協奏曲最新盤。今回はストラヴィンスキーとマルタンという20世紀の難曲に挑戦しています。ヴァイオリンのおどけて飄々とした性格を強調したストラヴィンスキー作品でも、彼女ならではの潤いのある温かな音色が光ります。奇矯な部分でも、鮮やかな技巧で聴く者をうならせる魔力を見せてくれます。マルタン作品は対照的にデリケートで、不思議系の映画かドラマの音楽のような世界がとりとめなく続きます。この音世界はちょっと類のない魅力で、波調の合う人ははまること請け合い。知らないともったいないと申せましょう。スクリデの独奏も完全にその世界に溶け込み、夢に現れる謎の美女のような非現実的美しさに満ち、頭から離れなくなってしまいます。
 名古屋フィルの常任指揮者として日本でもおなじみのティエリー・フィッシャー。母国スイスのマルタンとオネゲルはさすがの共感度。オネゲルの『パシフィック231』と『ラグビー』はスクリデの独奏が入らない純管弦楽曲ですが、フィッシャーの推進力が魅力。ことに『ラグビー』はあまり録音に恵まれていないので大歓迎。曲の面白さを再認識させてくれます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ調
2. オネゲル:パシフィック231
3. オネゲル:ラグビー
4. マルタン:ヴァイオリン協奏曲
5. ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ

 バイバ・スクリデ(ヴァイオリン:1,4)
 BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団
 ティエリー・フィッシャー(指揮)

 録音時期:2011年6月
 録音場所:カーディフ、BBCホッディノット・ホール
 録音方式:デジタル

収録曲   

  • 01. Toccata
  • 02. Aria I
  • 03. Aria II
  • 04. Capriccio
  • 05. Pacific 231 - BBC National Orchestra of Wales
  • 06. Allegro Tranquillo
  • 07. Andante Molto Moderato
  • 08. Presto
  • 09. Circus Polka - BBC National Orchestra of Wales

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品