ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD

【中古:盤質S】 ストラヴィンスキー:春の祭典、ムソルグスキー:展覧会の絵 ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団

ストラヴィンスキー(1882-1971)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
S
特記事項
:
未開封
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
UCCD3754
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ストラヴィンスキー:春の祭典、ムソルグスキー:展覧会の絵
ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団


ムソルグスキーの独創的なピアノ作品をラヴェルが華麗にオーケストレーションした『展覧会の絵』。その原始的なリズムと不協和音がセンセーショナルな初演となったものの、現代ではスタンダードな名曲として定着した『春の祭典』。どちらもオーケストラの醍醐味を味わう人気作品として知られています。ショルティ/シカゴ響黄金時代のダイナミックなサウンドでお聴き下さい。(メーカー資料より)

【収録情報】
1. ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
2. ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』(1947年版)


 シカゴ交響楽団
 サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)

 録音時期:1980年5月(1)、1974年5月(2)
 録音場所:シカゴ、メディナ・テンプル
 録音方式:ステレオ(デジタル:1、アナログ:2/セッション)

収録曲   

  • 01. 組曲≪展覧会の絵≫ プロムナード
  • 02. 組曲≪展覧会の絵≫ こびと
  • 03. 組曲≪展覧会の絵≫ プロムナード
  • 04. 組曲≪展覧会の絵≫ 古城
  • 05. 組曲≪展覧会の絵≫ プロムナード
  • 06. 組曲≪展覧会の絵≫ チュイルリーの庭
  • 07. 組曲≪展覧会の絵≫ ブイドロ
  • 08. 組曲≪展覧会の絵≫ プロムナード
  • 09. 組曲≪展覧会の絵≫ 卵のからをつけたひなどりの踊り
  • 10. 組曲≪展覧会の絵≫ サミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ
  • 11. 組曲≪展覧会の絵≫ リモージュの市場
  • 12. 組曲≪展覧会の絵≫ カタコンブ-死せる言葉による死者への呼びかけ
  • 13. 組曲≪展覧会の絵≫ バーバ・ヤーガの小屋
  • 14. 組曲≪展覧会の絵≫ キエフの大門
  • 15. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 序奏(レント)
  • 16. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 春のきざし-乙女たちの踊り
  • 17. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 誘拐
  • 18. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 春の踊り
  • 19. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 敵の都の人々の戯れ
  • 20. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 賢者の行列
  • 21. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 大地へのくちづけ
  • 22. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第1部: 大地礼賛 大地の踊り
  • 23. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第2部: いけにえ 序奏(ラルゴ)
  • 24. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第2部: いけにえ 乙女たちの神秘なつどい
  • 25. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第2部: いけにえ いけにえの賛美
  • 26. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第2部: いけにえ 祖先の呼び出し
  • 27. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第2部: いけにえ 祖先の儀式
  • 28. バレエ≪春の祭典≫(1947年版) 第2部: いけにえ いけにえの踊り

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ハルサイが空前の優秀録音です。切れ味も抜...

投稿日:2018/04/10 (火)

ハルサイが空前の優秀録音です。切れ味も抜群です。アナログ時代と言うなかれ、が素直な感想です。アバド・ロンドンとデーヴィス・コンセルトヘボウと共に(この2つもアナログ)最優秀録音・演奏だと思います。デジタル初期よりもアナログ後期の方が素晴らしい録音が多かった気がします。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
展覧会の絵は、学生時代度肝を抜かれた思い...

投稿日:2012/09/02 (日)

展覧会の絵は、学生時代度肝を抜かれた思い出のCDです。金管楽器の、とてつもない音圧と輝きに感激したことは今でも忘れられないです。さてもう一つショルティ盤で素晴らしい瞬間があります。キエフの大門の最後のほうで、ぐんぐん弦楽器が盛り上げる個所がありますね。その時、ヴァイオリンの(おそらく)1stが、主旋律を実に魅力的に「歌って」上り詰める一瞬があるのです。他の盤では、このように歌っている演奏は、私の知る限りありません。演奏自体大好きな、同オケのジュリーニ盤でもこんなことはしていません。また、カタコンブでのハーセス師の極上のソロ。この箇所のハーセス師のソロはジュリーニ盤の方が私の好みではありますが、ショルティ盤でも男気のようなものを感じさせる剛毅さが凄いです(あとは、スヴェトラーノフ=ソヴィエト国立盤のソロも甘く美しく忘れ難いですが、このTpは誰なのでしょうね?)。昔出ていたロンドンのカップリングとは違いますが、この展覧会の絵は廃盤にしてはもったいないです。

としちゃん さん | 宮城県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
初めにお断りしておきたいのですがこのレビ...

投稿日:2010/03/01 (月)

初めにお断りしておきたいのですがこのレビューを書き込む際HMVサイドのシステムメンテナンス時間帯だった為レビュー受付がダブってされているかもしれませんのでその場合はご容赦下さい。さて本題、CSOにとって重要なレパートリーというか当楽団との録音話で各指揮者が取り上げ易い「展覧会の絵」、古くは1951年のクーベリックからライナー、小澤、秋山、ジュリーニ、ショルティ、アバド、ヤルヴィ等々での録音盤があるようです。ショルティに到っては1981年ライブ盤や1990年収録LDなどもかつてあったということです。ブロムナードテーマのトランペッターが本盤演奏1980年位まで同一人であったとも伝えられてもおり、確かにCSOのややダイナミック・メカニカルな音色と完璧なアンサンブルそれにショルティの統率があれば相当レベルの演奏が出来上がり後はその演奏への聴く者の好みということになってこようかと思われます。1980年録音の本盤演奏は所謂ロシア指揮者によるような土俗っぽいものではなくかと言って洒落てはいないけれどシャープな感じを持ちました。演奏タイムとしては33’32とそんなに長く引っ張ったという印象は持ちませんが各曲の色合い分けが鮮明で先ずもたれず聴く事が出来ました。私はラブェル「クープランの墓」(15’59)とのセット盤で聴いていますので本盤収録曲で「展覧会の絵」以外は未聴であります。そういうことも勘案しても素晴らしいランクは確保したいですね。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品