ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『春の祭典』、組曲『火の鳥』1945年版 マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
900168
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団による
ストラヴィンスキーの『春の祭典』と『火の鳥』登場!


1913年に作曲されたストラヴィンスキーの『春の祭典』は、あらゆるバレエ音楽の中でも最も突出した複雑なリズムと不協和音が多用された作品です。セルゲイ・ディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲され、初演時には大騒動を巻き起こしたことで知られています。また、先立つ1910年に作曲された『火の鳥』は同じくディアギレフからの委嘱作。この『火の鳥』初演時の大成功を受けディアギレフは次々とストラヴィンスキーにバレエ作品を依頼、翌年には『ペトルーシュカ』、そしてその翌々年に『春の祭典』が生まれたことを考えると『火の鳥』はストラヴィンスキーのバレエにおける先駆的作品と言えるでしょう。
 ヤンソンスはこれまでにも『春の祭典』と『火の鳥』を何度か録音、どれもオーケストラの機能性を最大に引き出した巧みな演奏を披露していますが、今回のバイエルン放送交響楽団との演奏は、狂暴な音響としなやかな表現が融合されたダイナミックな仕上がりとなっています。また『火の鳥』は2004年に同じくバイエルン放送交響楽団との録音がありますが、そちらは1919年版が用いられており、今回の1945年版の方が、要所要所で厚みのある響きが楽しめます。いつものようにスコアの隅々まで目の行き届いたヤンソンスの精緻で華麗な演奏をお楽しみいただけます。(輸入元情報)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『春の祭典』(1947年版)
2. バレエ音楽『火の鳥』組曲(1945年版)


 バイエルン放送交響楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)

 録音時期:2009年1月14-16日(1) 2016年11月14-17日(2)
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク(1) ヘルクレスザール(2)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品