ステイシア・ドイツ

人物・団体ページへ

プログラミング・ガールズ! 1 ルーシー なぞのメッセージを追え

ステイシア・ドイツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784037269203
ISBN 10 : 4037269201
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p;19

内容詳細

「各自、ピーナツバターとジャムのサンドイッチのレシピを書いてください」先生はストップウォッチをとりだした。「制限時間は、2分以内。はじめ!」サンドイッチ?これとプログラミングと、なにが関係あるわけ?アメリカのミドルスクールを舞台にした、新感覚プログラミング小説。小学校高学年から。

【著者紹介】
ステイシア・ドイツ : アメリカの児童文学作家で、これまで100冊以上の子どもの本を書いてきた。映画のノベライズ本の執筆なども数多く手がける

美馬しょうこ : 翻訳家として、英語やスペイン語圏の児童書の紹介につとめている。訳書に『わたしのすてきなたびする目』(第61回産経児童出版文化賞・翻訳作品賞)など

高橋由季 : イラストレーターとして、書籍や雑誌、広告、CDジャケットなど、さまざまな媒体で活動中。2010年より、カヤヒロヤとともにデザインユニット「コニコ」を結成。2014年、第190回ザ・チョイスで準入選

石戸奈々子 : NPO法人CANVAS理事長、株式会社デジタルえほん代表取締役、慶應義塾大学教授。政策・メディア博士。東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会等を設立、代表に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こふみ さん

    アメリカの思春期女子の日常にプログラミングにをからめた児童書。プログラミングに詳しくなくても楽しめます。

  • ポコポッコ さん

    本書について事前に情報や知識は持っておらず、読みはじめて数ページで児童文学だと気づかされた。中身は、条件分岐、繰り返し、変数について児童が学べる内容のストーリー。全4巻(2020年3月までに順次発売)とのことで、どのへんまでの知識を児童向けに書かれるのかは興味がある。

  • Incisor さん

    プログラミングって難しそう。しかしこの本には難しい操作方法は出てこない。拍子抜けしたのは私だけではない。ルーシーは意気込んで参加したプログラミングクラブの初日に、クラーク先生から思いがけない課題を出される。早くアプリを作る方法を学びたいのにと先走ったり、ややこしくなってきた友達関係に悩んだり、12~13歳女子の等身大のストーリーに夢中になった。そして私自身いつのまにかプログラミングの考え方を学んでいたことを知りびっくり!この作品に出会わなければ食わず嫌いだったプログラミング。軽妙な女子トークの訳文も魅力。

  • shihoM59 さん

    小学校でプログラミングが始まり、この本が気になってました。今どきの児童書ですね! 米のミドルスクール(日本の6年生〜中2生)に通う6年生の女の子。病気のおじさんの為にアプリを作りたい、と学校のプログラミング部に入ります。プログラミングの仕組みや初歩的なC言語のコードが出てきます。 息子は『Scratch』でプログラミングを習っているので、ifなどのコードが出てきても「?」みたいですが、命令通りにしか動かないこと、問題認識力、解決するためにみんなで力を合わせることがよく分かります。

  • TomoGear さん

    図書館本。面白かった!途中から夢中で読んだ。舞台はアメリカのミドルスクール。主人公は、6年生の女の子ルーシー。初回のプログラミングクラブの後、謎のメッセージを受け取る。そのメッセージの謎を考えながら、送り主を探すため奮闘する。ルーシーが友だちと交流を深めつつ話が展開していくのが良い。登場するプログラミングの要素は、インプット/アウトプット(I/O)、条件文、ループ、変数。これはプログラミング入門として良い本だと思う。翻訳はとても自然で、読みにくさは感じない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ステイシア・ドイツ

アメリカの児童文学作家で、これまで100冊以上の子どもの本を書いてきた。映画のノベライズ本の執筆なども数多く手がける

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品