スティーヴ・エリクソン

人物・団体ページへ

真夜中に海がやってきた

スティーヴ・エリクソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480831880
ISBN 10 : 4480831886
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,254p

内容詳細

1997年の来日後に、日本体験を生かして書かれた最新小説。現代の精神的混沌と心の闇の救済をテーマに、複数のストーリーが展開される。

【著者紹介】
スティーヴ・エリクソン : 1950年カリフォルニア生まれ。サミュエル・ゴールドウィン賞創作部門受賞。現代のポップカルチャーや社会的現実を踏まえ、想像力を駆使した幻想的な小説を書く。1985年『彷徨う日々』でデビュー。ジャーナリストとして活躍する一方、『ルビコン・ビーチ』『リープ・イヤー』『黒い時計の旅』『Xのアーチ』『Amnesiascope』『American Nomad』などの小説を発表

越川芳明 : 1952年生まれ。評論家・翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三柴ゆよし さん

    エリクソンは何を読んでもエリクソンである。喪失と孤独を抱えた彷徨える男(要するにこいつはエリクソンのドッペルゲンガーなのだけど)が、20世紀というオブセッションに愛の爆弾を炸裂させる。本作もその例に漏れず、何かにとりつかれたみたいな男と女が入れ替わり立ち替わりあらわれては、その人生を交錯させ、読者はあれよという間にその波のなかに呑み込まれていくのである。とはいえ、全体の基調としては錯乱しているようにみえて、実は入念な伏線が張り巡らされているあたり、エリクソンのしたたかさを感じる作品でもあった。佳作。

  • りつこ さん

    一時期夢中になって読んでいたスティーヴエリクソン、久しぶりに読んでみた。視点が変わり時代も変わり関係ないような話が次々繰り広げられていく中、少しずつ物語がシンクロしたり登場人物がすれ違ったり聞いたことがあるようなエピソードがまた出てきたり似た名前が出てきたり。そうだこの物語がぐるぐる回る感じが好きだったのだ。しかし昔の私は本当にちゃんと理解できていたのか?という疑問も…。なんかもやもやとわかったようなわからないような読後感。でも楽しい。再読も含めてまた読んでいこう。

  • saeta さん

    東京から始まる物語が一体どこに進むのかと読み始めましたが、時間軸を自由自在に動かす、期待通りのエリクソン節だった。歌舞伎町が出て来るのでヴィム・ヴェンダースのロードムーヴィー「夢の涯てまでも」とイメージが被りましたが。ホテルリュウ、シマダ通り、コバヤシ神社の由来は来日時に対談した作家の名から取ったようです。

  • とも さん

    非常に混沌とした物語ながら、面白く読みました。幻視された東京でメモリーガールとして働くクリスティンが冒頭に出てきて、視点が様々に変わり、時制も場所も錯綜して、悪夢の世界をとぼとぼと漂っている感じがたまらなかったです。一つ一つのエピソードも卓越していました。誰と誰がどういうつながりがあるのか。狂気のカレンダーとはどういうものなのか。それらが最後の方で怒涛のように押し寄せてきて、脳を攪拌してくれる圧倒的な存在感に満ち満ちた小説でした。

  • hayaco さん

    成る程。偶然やランダムではなく世界はカオス。割り込む夢と覚醒の瞬間。自分の意思なんてナンセンスだと思えてくる。スティーヴエリクソン初読みだったけど思ったより読みやすくて癖になりそう…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴ・エリクソン

1950年米国カリフォルニア州生まれ。小説家。マジックリアリズムとSFと純文学を越境する作家として知られる。1985年『彷徨う日々』でデビュー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品