スティーヴン・ハンター

人物・団体ページへ

スナイパーの誇り 上 扶桑社ミステリー

スティーヴン・ハンター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594071653
ISBN 10 : 4594071651
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
348p;16

内容詳細

ボブ・リー・スワガーは親友の記者キャシー・ライリーがモスクワから発したメールを読み、いたく興味を掻き立てられた。第二次大戦末期の独ソ戦で輝かしい狙撃歴を残したソ連邦赤軍に女性狙撃手がいたという。名前はミリことリュドミラ・ペトロワ。射殺した敵兵数は百を超え独軍からは“白い魔女”と呼ばれ恐れられていた。だが1944年の半ば以降ミリの名前は記録からふっつりと消える。いったい彼女になにがあったのか。ボブはただちにモスクワに飛び当地でキャシーと再会しミリに関する調査を開始した!

【著者紹介】
スティーヴン ハンター : 1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞

公手成幸 : 英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この作者のものは、「極大射程」を読んだのとその映画作品(マーク・ウォルバーグ主演)を見ただけです。この作品はソヴィエトの白い魔女と呼ばれた女性スナイパーの足跡を現在のスワガーが探っていくという話で過去と現在がフラッシュバックのような感じで進んでいきます。それがさらに現在にまで波及して主人公が狙われるという状況がでてきて面白くなりそうです。確かにどなたかも欠いておられますが映画の「スターリングラード」を思い出しました。

  • サトシ@練習不足だなあ さん

    女性のスナイパーか。70年以上前の独ソ戦をからめて、いやぁ興味深いです。

  • Panzer Leader さん

    ソ連の美貌女性狙撃手、歴戦の降下猟兵部隊、パルチザン狩りに特化したSS武装山岳師団。第2次大戦中のこの設定だけでおなか一杯。これらの伏線が現在にどう関わってくるのか、後半も楽しみ。

  • しゃお さん

    70年前、戦中に活躍したソ連赤軍の美人女性スナイパー・ミリの謎を追うボブ・リー・スワガー。過去と現在を交互に描き、謎だらけのまま物語は進みます。ミリタリー関連に詳しくもなく、あまり興味が無い者にとってはやはりくどい描写が続くので物語に没頭しにくいのが難点。それでも戦中の描写などはさすがハンターといったところでしょうか。ボブ・リーが何者かによって狙われてようやく物語が大きく動き出したところで下巻へ!

  • 雅 さん

    いくつになっても「優秀なスナイパー」に反応する熱い心。動きも熱くなるか⁉️

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品