スティーヴン・ネイフ

人物・団体ページへ

ファン・ゴッホの生涯 上

スティーヴン・ネイフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336060457
ISBN 10 : 4336060452
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
追加情報
:
515p;22

内容詳細

ピューリッツァー賞受賞コンビによる奇跡的ゴッホ伝。あまたの伝説にいろどられた画家フィンセント・ファン・ゴッホの波瀾に満ちた生涯を、圧倒的な精密さと感動的な筆致で巨細にわたり描き出した、ゴッホ伝の記念碑的決定版!図版約200点収録。

目次 : 第1部 若年時代 1853‐1880(堰と堤/ ヒースの前哨地/ 奇矯な少年/ 神とカネ/ レイスウェイクへの道 ほか)/ 第2部 オランダ時代 1880‐1886(氷の心/ ますます愛する/ 素描家の拳/ 我が愛しの未亡人/ みなし男 ほか)

【著者紹介】
スティーヴン・ネイフ : 1977年にハーヴァード・ロー・スクールを卒業。美術雑誌に執筆の傍ら、ナショナル・ギャラリー・オヴ・アートを含む数多くの美術館で講義、プリンストンで美術史を学び、ハーヴァード大学フォグ美術館で卒業制作を行なう。グレゴリー・ホワイト・スミスと共同で、美術やその他を主題に、4冊のニューヨーク・タイムズ・ベストセラーを含む数多くの著書を上梓している。評伝『ジャクソン・ポロック―アメリカン・サーガ』は1991年にピューリッツァー賞を受賞、ナショナル・ブック・アワードのファイナリストとなった

グレゴリー・ホワイト・スミス : 1977年にハーヴァード・ロー・スクールを卒業。コルビー・カレッジで英文学を専攻、ワトソン・フェロウとしてヨーロッパで中世およびルネサンス音楽を研究、ハーヴァード・グリークラブの副指揮者を務めながら、ハーヴァードで卒業制作を行なう。また、二つのTVシリーズを執筆、一つは人間の行動を扱うフィル・ドナヒューの番組、もう一つはアーチボルド・コックスの番組で最高裁と合衆国憲法に関するもの。スティーヴン・ネイフと共同で、美術やその他を主題に、4冊のニューヨーク・タイムズ・ベストセラーを含む数多くの著書を上梓している

松田和也 : 翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    二人の著者は、フィンセント・ファン・ゴッホの子供時代を称して、「奇矯な少年」という表現を何度も使っている。確かにフィンセントは、普通の子とは違う、かなり厄介な人格で周囲を困惑させる(そしてそれは、生涯に渡って続いていくのだ)。けれど著者達は、それが突然出現したものではなく、フィンセントの家系を丹念に調査し、特異な両親の元で育てられたことで形成されていったことを丁寧に証明していく。とはいえ、それでもなお、どうしてここまで奇矯なのか、という疑問が始終付き纏う。(つづく)

  • Rye さん

    恐るべき社会不適合者で、その狂人ぶりに驚嘆した。リセット症候群、それでいて楽観主義、最後には瓦解と挫折。この人の屈折は今でこそ絵に向けられてよかったと思えるかもしれないが、手紙の感じや文学的な素養からもアウトローな人生からも作家に向かえばよかったのにとも思った。幾度となくテオに金をせびるシーンは一々辛い、それでも彼らが切っても切れないのは血を分け合った彼らにしかわからない結びつきだったのだろう。さて、後編へ

  • フィ さん

    1ページが2段で構成、上巻だけでも500ページもの非常に詳しい評伝となっている。生誕から青年時代を経てオランダ時代までを社会情勢も記しつつ、巡る人々についても記述。自分が関心を持ったのは、母アンナ、父ドルスの人格と養育への影響、ゴッホの女性遍歴、弟テオとの書簡上のやりとり(激しい対立と弟の理解)、そして、自作品に対するテオからの要請、周囲の評価、それに反発し葛藤するゴッホの心情。下巻も大部だが、クライマックスに向けどう記されているのか、読むのが楽しみだ。

  • 青色の月はささやく さん

    絵の裏にある人生の苦さ。ゴッホの人となりが良く分かります。終盤、彼の死の真相に迫ります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・ネイフ

1977年にハーヴァード・ロー・スクールを卒業。美術雑誌に執筆の傍ら、ナショナル・ギャラリー・オヴ・アートを含む数多くの美術館で講義、プリンストンで美術史を学び、ハーヴァード大学フォグ美術館で卒業制作を行なう。グレゴリー・ホワイト・スミスと共同で、美術やその他を主題に、4冊のニューヨーク・タイムズ・

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品