スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

11 / 22 / 63 上 文春文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167907211
ISBN 10 : 4167907216
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
白石朗 ,  
追加情報
:
478p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    導入部が短く、突然過去へと話が跳ぶのにやや戸惑った。中巻へ。

  • たか さん

    久しぶりのスティーブン・キング。タイトルの『11/22/63』の意味を知らずに読みはじめましたが、なるほどそういうことか。大好きなタイムトラベルもので、キングの文体の読みやすさならば、ハズレはないだろう。 しかし、上・中・下巻合わせて1400ページ超で、上巻読了だけではまだまだ導入部といったところ…。 中巻では、本編に突入しそうなのでペースを上げていきたい。B評価

  • あさうみ さん

    今年の年越し読書はこれです!スティーブン・キング、何気に未開拓…。評価高い本書、平成最後の年末を1963年へタイムトリップ!病魔に侵された友人からケネディ大統領の暗殺阻止を託される。過去は変えられるのか!?パラドックスな仕掛けもありそうな上巻。ドキドキワクワクさせられる…!

  • yummyrin さん

    タイムトラベルで歴史を変える。ありきたりだがさまざまな伏線が張られ、エピソードも埋め込まれている。果たしてアンバースンは目的を達成できるのか。中巻へ。

  • サーフ さん

    「スティーブンキングが描くケネディ暗殺」これだけでもう最高。物語が軌道に乗るまでページを多く使っているがこれもいつものキングといえばいつものキング。タイムスリップものは多くあるけれど「再び過去に行くと以前の過去はリセットされる」といった要素は新しく感じる。上巻はケネディ暗殺の要素は殆ど出てこず、主人公の身近の人間の過去を変えようと奮闘する様子が描かれている。本筋とはあまり関係ないような1950年代のアメリカの描写を読むだけでも楽しい。中巻、下巻と物語がどうなっていくのか楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品