スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

書くことについて 小学館文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094087642
ISBN 10 : 4094087648
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
412p;15

内容詳細

作家自身が「秘密」を語る。待望の新訳刊行

「われわれ三文文士の多くもまた、及ばずながら言葉に意を注ぎ、物語を紙の上に紡ぎだす技と術に心を砕いている。本書のなかで、私はいかにして『書くことについて』の技と術に通じるようになったか、いま何を知っているのか、どうやって知ったのかを、できるだけ簡潔に語ろうと思っている。テーマは私の本業であり、言葉である」(本文より)
 ベストセラーを次から次へと生み出す、アメリカを代表する作家が、自らの「書くことについて」を解き明かしした自伝的文章読本。作家になるまでの苦闘物語から始まり、ドラッグとアルコール漬けの作家生活を語る半自叙伝の回想。書くために必要となる基本的なスキルの開陳。いいものを書くための著者独自の魔法の技。そして「書くことと」と「生きること」を重ね合わせる作者自身の人生観まで。ひとりの作家の「秘密」がそこかしこに語られるドキュメンタリー。
 2001年に「小説作法」として翻訳されたスティーヴン・キングの名著を、新たに平明で簡潔な文章で訳した新訳版。新たに巻末には著者が2001年から2009年にかけて読んだ本の中からベスト80冊を選んだリストを掲載。

【著者紹介】
スティーヴン・キング : 1947年米国メイン州ポートランド生まれ。高校教師を経て、74年に長編小説『キャリー』で作家デビュー。以後『呪われた町』『シャイニング』『IT』『ミザリー』など次々とベストセラーを生み出し、モダン・ホラーの第一人者となる

田村義進 : 1950年大阪市生まれ。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんごろ さん

    スティーブン・キングの小説の書き方と自伝的要素も入った、エッセイ的な感じの話!ちょっと、とっつきづらい作品かなと思いましたが、サクッとまではいかないけど、読めました。ひとつわかったことは、スティーブン・キングと同じ誕生日なんだよね(笑)彼の作品を、機会があれば読んでみたいと思います(^^)誰か彼の作品でオススメあったら教えて〜!

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「書かなきゃ、やっていけらんない!」と言わんばかりに作品を生み出すキング氏の小説作法。作家になる前もなってからも紆余曲折があったのね・・・。長いこと、疑問だった『キャリー』での突然、月経になったら女子にタンポンやナプキンをシャワー室で投げつけられる場面は、米国では当たり前の光景だったのか・・・。小説の書き方は「なるほど」が一杯。確かに副詞を使い過ぎると締まらないし、ラブクラフトや「よう、別れた女房」は最低の会話文過ぎる。そして英文と翻訳文も並列されているので、翻訳の仕方の勉強にもなります。

  • 新右衛門 さん

    「私が書くのは悦びのためだ。楽しみですることは、永遠に続けることができる」■アメリカを代表する小説家がしたためた、書くことの極意。ドアを閉めて書け/ドアを開けて書き直せ、言葉は飾るな、副詞はタンポポだ…など、ユーモアを交えつつ、道具箱の中身を惜しげもなく見せてくれた。気付くと、気に入った箇所を書き写すノートが6ページ半進んでいた■皮肉の利いた文章に肩を震わせていると、急に真剣なメッセージが直球で飛び込んでくる。ジェットコースターのような緩急。お手上げだ、読書家にとってはテーマパークのような一冊だろう。

  • sin さん

    日本人は目的的目的で生きている。いい大学にいくために勉強するみたいに…なんのために作家になりたいのか?その多くは作家になりたいから文章を書く、おかしくないだろうか?表現したいものがないのに文章が上手くなるための練習をする。ただしそれではただの芸事にすぎない。悲しいかなその様な教育を僕たちは受けてきた。キングが九死に一生を得たあと文筆に戻る姿にその生きざまと同時に表現することの大切さを突き付けられた。作中キングは書くことに真摯であれという、そして書くことは命の水であると、その水は飲み放題らしいが…

  • poke さん

    小説を書かなくてもいい。これは読み物としてものすごく魅力のある一冊だと思う。読書好きの人には是非一度読んでみてほしいです。キングの作品がどのようにつくられているかを知れるだけでも大満足でした。なんだか無性に小説が読みたくなってきた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品