スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

悪霊の島 上 文春文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167905415
ISBN 10 : 4167905418
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
白石朗 ,  
追加情報
:
550p;16

内容詳細

孤島に暮らす男を襲う怪異。愛する者たちを見舞う怪死。この島には何かがいる! 悪しきものの棲む廃墟の館が隠す秘密とは?    

【著者紹介】
スティーヴン・キング : 1947年、アメリカ、メイン州生まれ。高校教師を経て、1974年『キャリー』で作家デビュー

白石朗 : 1959(昭和34)年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つねじろう さん

    上巻だけで550ページだろうが文庫なのに持ち重りがして肩がころうがいつもながらの密度の濃い文章で横板に餠のような気分を味わおうがページを繰っても繰っても事故で身体が不自由になった自分と自分と別れたい嫁さんと娘と医者と島で出逢った人々と絵の自慢話しばかりで最後まで標題の悪霊はカケラも登場しなくてもそれはそれスティーブン・キングだから仕方がない。下巻にめちゃめちゃ期待高まる。

  • HANA さん

    事故で障害を負った男が移り住んだ島。そこで男は奇妙な力と名声を得つつあるものの……。超常的な力を得た主人公が悪しき力に立ち向かうというのは、キング始めモダンホラーのお家芸みたいなものであるが、この上巻ではそれほど大きな動きはない。傷を負った主人公の再生と周囲の人間の様子が、濃厚な筆でみっちりと書き込まれている。超常的な力にしても中盤から最後の方に触れられているだけだし。ただその日常の様子が何故か目が離せない程面白いのは流石というべきか。物語が大きく動き始めるのは下巻からなので、今から読むのが楽しみである。

  • みどくん さん

    いやぁぁ〜長いとは知っていたけど…なかなか波に乗れずに…挫折しそうになりました。とにかく…話が進まない!悪霊の影も気配もなくて…やっとこ残りわずかで…おやおや〜。事故で右腕を無くした男が人生をやり直す物語だけれど…失った右手が痒くなると…何かに憑依されたように描く姿が…怖いくらい。キング=ホラーではなく…愛情や友情…人間としての勇気みたいなものが…心にズシンとくる。

  • 眠る山猫屋 さん

    相変わらず前半読んだくらいではジャンルが特定し難いなぁ。面白いけど。大事故で障害を負ったエドガーの悲劇は、キングの空想の産物だったのだろうか?身体に刻まれた障害、コントロールを失った感情。生活が壊れ果てた時、辿り着いた島で奇跡が始まる。最大の祝福は、世界を変え得る画才ではなく、ワイアマンという親友を得たこと。しかしキングの事だから、下巻で引っくり返してくれたりするんじゃないかと、ヒヤヒヤ。

  • ちろ さん

    悪霊の島、、不気味なタイトルなのに上巻はホラー要素が薄味。エドガーと取り巻く人々の姿形、表情が目に浮かぶ表現力はさすがキングです。ワイアマンが特に好き。友情や家族愛も直球なのにクサくない。いいところで終わたっけど下巻はやはりホラーに突入するんだろうな。悲しい出来事がない事を願うばかり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品