スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

図書館警察 Fourpastmidnight2

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163633404
ISBN 10 : 4163633405
フォーマット
出版社
発行年月
1996年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
白石朗 ,  
追加情報
:
415p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鱒子 さん

    あれ?自転車にこやか整理も印刷所もでてこないよ?ーーというモリミ本への愛は置いといて。この本未読だと思っていたのですが、読んだことあった!サムの少年時代の辛い思い出のシーンで記憶がよみがえりました(子供にこんな酷いことする奴は許さん!!) 内容から考えるとタイトルは図書館司書の方がぴったりですが、やはり「図書館警察」というのはインパクトがすごい。良いタイトルです。

  • 志田健治 さん

    サン・ドック、おもしろかった〜! 予想外のキャッスルロックもので大興奮でした。ニードフルシングスで完結したと思ってましたからね。中編にもあったんだ、キャッスルロック。キャッスルロックに外れなしですね!あの保安官の名前も出てくるし、ファンは歓喜ですね。ニードフルシングス再読決定です! 表題の図書館警察は、想像していた内容ではありませんでした。なんというか、これもイットやゴーントさんや、キング世界の悪の権化から派生した小品といった感じです。少々期待しすぎだったかも。それにしてもサン・ドックはおもしろかった〜!

  • α0350α さん

    図書館で借りて読みました。京都の大学にいるヤツと同じようなことをしているはずなのにこっちは怖かったです。ポラロイドの方もそうですが、自分ではどうにもならないところで状況がどんどん悪くなっていくのはたまらないですね。長編2作読み終わった気分です。

  • 康芳英 さん

    表題作「図書館警察」の主人公の子供時代のトラウマのあんまりな感じの正体と対照的なある主要キャラの過去の話が本当に素晴らしかった。今でも輝きを保ち続ける過去の想い出を本当に素晴らしく書く所がキングの一つの真骨頂なのだなあと。もう一つの話「サン・ドッグ」は『ニードフル・シングス』を先に読んでいたので答え合わせみたいなところがあった。この話でのポラロイドカメラの使い方が単に物語の切っ掛けとなるガジェットという以上に物語りの構成・盛り上げ方にまできっちりと組み込まれた本当の意味で話の骨格となっているところが凄い。

  • kino さん

    子供の想像力は果てしなく、根を張る。図書館の返金期限は守ろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品