スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

ダークタワー II 運命の三人 下 角川文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041049648
ISBN 10 : 4041049644
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
405p;15

内容詳細

ドアがつないだのは、荒廃した世界の砂浜と現実世界のニューヨークだった

麻薬中毒者のエディ、両脚を事故で失った美貌の二重人格者デッタとオデッタ、無差別殺人愛好者の公認会計士モート。3人の奇妙な仲間を得て、ローランドの〈暗黒の塔〉への過酷な旅は続く……。

【著者紹介】
スティーヴン・キング : 1947年メイン州生まれ。高校教師やクリーニング工場でのアルバイトのかたわら、執筆を続ける。74年に『キャリー』で長編デビューし、好評を博した。その後、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリー賞、世界幻想文学大賞、プラム・ストーカー賞など受賞多数

風間賢二 : 1953年東京生まれ。幻想文学研究家・翻訳家。『ホラー小説大全』で第51回日本推理作家協会評論部門賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • panam1927 さん

    ★★★★☆

  • ぎん さん

    やはり面白い。エディとスザンナの登場はもちろん、ニューヨークでローランドが異文化に戸惑いながらも大暴れするのが最高! この辺りから他作品とのリンクも出てきて、キングファンはニヤリとするわけだが、今回、「ドラゴンの眼」のリンクを初めて発見できて嬉しい。

  • ぶうたん さん

    この巻まで読んでいるはずが相変わらず内容は覚えていない。本当に読んでいるのかなー。大長編の一部で、プロローグの1巻に続き本書は旅の仲間を集める巻になっている。構造としては単純で集める順に、現代アメリカに通じるドアが出てきて、ガンスリンガーがそこを通って旅の仲間を連れてくるというだけ。まあ3人目は少し捻ってるけど。仲間を連れてくる部分を切り取ると良質の中編エンターテイメントになっているところは流石のキング印。好みのキングとは少し違うけれど、引き続き読んで行きたいと思います。

  • てんつく さん

    エディが成長したなぁ。デッタは強烈で不気味。ローランドはニューヨークで好き放題(笑) 旅の続きへ。

  • さな さん

    ようやく旅の準備が整った、という感じ。ストーリーは面白いんだけど、何よりオデッタの個性が強烈すぎて…。上品なオデッタと、悪態をつくデッタがギャップがありすぎて読んでてびっくりした。想像しながら読むのが難しくて大変。印象的なのはローランドの苦悩。俺も人を愛したい、と心中が明かされるシーンにグッときた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド