スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

ダークタワー II 運命の三人 上 角川文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041049631
ISBN 10 : 4041049636
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
315p;15

内容詳細

砂浜にたたずむ不思議なドアの先に待ち受けていたものとは……?

少年ジェイクを見殺しにしたローランド。すさんだ気持ちで旅を続ける彼は、砂浜で満ち潮とともにやってくるロブスターの怪物に襲われる。拳銃使いに絶対必要な右手の指を失った彼は、絶体絶命の危機に陥る。

【著者紹介】
スティーヴン・キング : 1947年メイン州生まれ。高校教師やクリーニング工場でのアルバイトのかたわら、執筆を続ける。74年に『キャリー』で長編デビューし、好評を博した。その後、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリー賞、世界幻想文学大賞、プラム・ストーカー賞など受賞多数

風間賢二 : 1953年東京生まれ。幻想文学研究家・翻訳家。『ホラー小説大全』で第51回日本推理作家協会評論部門賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • panam1927 さん

    ★★★★★

  • Small World さん

    やっぱり仲間が増えていくのはいいな〜と、少年ジャンプで育った自分としては、王道の展開に胸が高鳴ります。いきなり右手が使えなくなったりして、満身創痍のローランドなのですが、早く、元気な姿を見せてほしいと思いながら下巻です。

  • ぎん さん

    月イチキング。のはずだが、本来、「IT」の次に読むつもりだった本作をすっかり失念していた。 まあ、都合よく角川からリニューアル刊行されたからダークタワーシリーズは以降、新しい角川文庫版を読む。 さて、この第二部と第三部はダークタワーシリーズの中でも好きなパート。 今回も楽しめるかな?

  • てんつく さん

    ローランドとエディのドタバタ珍道中?噛み合わない二人の会話が楽しい。

  • ぶうたん さん

    既読でロブスターは覚えているのに、途中の現代アメリカ編は全く記憶がないのは情けない。ローランドの世界と現代アメリカの違いが時間軸だとすると、単語の違い程度でコミュニケーションが成立するところは若干の違和感がある。とは言っても相変わらず読みやすく、ページターナーぶりは揺るぎないので、細かいことは気にせずに楽しむのが一番だろう。まずは下巻に行きたいと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド