スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

ダークタワー 5|下 カーラの狼 角川文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041049709
ISBN 10 : 4041049709
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
704p;15

内容詳細

ローランドたちの指導のもと、町の人々は戦闘準備に余念がない。だが、“狼”たちとの決戦の日が近づいてくる中、スザンナのもう一つの人格である妊婦ミーアの奇矯な振る舞いはエスカレートしていく…。“狼”たちはいったい何者なのか?そして、キャラハン神父が隠し持つ水晶球の真の力とは?時空を超え、いくつもの謎が複雑に絡み合い“カ・テット”の運命を翻弄する。縦横無尽に広がる物語世界の凄みに驚嘆の1冊。

【著者紹介】
スティーヴン・キング : 1947年メイン州生まれ。高校教師やクリーニング工場でのアルバイトのかたわら、執筆を続ける。74年に『キャリー』で長編デビューし、好評を博した。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリー賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数

風間賢二 : 1953年東京生まれ。幻想文学研究家・翻訳家。『ホラー小説大全』で第51回日本推理作家協会評論部門賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Small World さん

    今年最後は、このシリーズ5作目の本書でした。「狼」の正体や子供をさらう理由、裏切り者は誰かなどの謎があって、そのミステリー部分に引っ張られながらの読了でした。ニューヨークでの攻防や、ちょっとメタな展開も面白かったですね〜。カ・テットが新たな局面を迎えていますが、次巻が気になるところです。映画公開には間に合わないかも....と、ちょっと思ってたりしてますが.....w

  • てんつく さん

    狼との戦い。キング、遊び過ぎでは?読み応えはあったけど。ジェイクは少年から男へ成長し、スザンナは失踪。さて続きへ。

  • Sunlight さん

    ダークタワーシリーズを年始から読み始めて年内に全巻読破予定も進まず。。。本当は全巻読み終わってからレビューを書こうと思ってたがこのカーラの狼は文句なしに面白かった!上下で1300ページという長丁場だったが下巻最後の100ページは一気に読んでしまった。しかも続編に含みを持たせてもう次も読むしかないやんけ〜〜

  • いぬすけ さん

    いやーローランドのエロシーンがあるとはね、このシリーズを読み始めてた子供の頃の私に教えてあげたいwwwキングの別小説と重なってるキャラや設定があって、ちゃんと覚えてたらさらに面白いんだろうなあ。すべてうろ覚えの自分。。今更だけど、なんで表紙山田章博から変わっちゃったんだろ。残念。

  • うーちゃん さん

    発売から間もなく1カ月だというのに、誰も感想を書いていない! 世界最大のベストセラー作家のライフワークだというのに。とはいえ、1巻目が難解すぎて、そこで挫折した読者が多いのだろう。5巻目(角川文庫では上下に分けられることが多いので、9〜10冊目)の本書は、訳者が言うように、キング版「荒野の七人」+「呪われた町」の続編なので、とても面白いのだが…… 再読して気づいたのは上巻にトランプタワーが出てくること。まさか、そのオーナーが大統領になったとは、万物が変転する世界を描いたキングでも想定外だったに違いない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年にアメリカのメイン州に生まれる。1967年に商業誌に短篇が売れ、作家デビューを果たす。その後、高校教師として生計を立てるが、1974年に刊行された『キャリー』をきっかけに専業作家となる

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品