Oracle XMLアプリケーション構築

スティーブ・ミンチ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784873110394
ISBN 10 : 4873110394
フォーマット
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
853p;24

内容詳細

プラットフォームがPCハードウェア+オペレーティングシステムという時代からインターネット+Webの組み合わせに移り、XMLアプリケーションが注目されている。本書は、ドキュメント作成、ポータルサイト、データ配信、DB、その他のWebアプリケーションなど、エンドユーザーからエンタープライズレベルのニーズに答えるさまざまなXML関連プログラムの設計やコーディングを、豊富なソースコードとともに解説した。

目次 : 1部 XMLの基礎(XML入門/ XMLを使う)/ 2部 Oracle XMLの基礎(XMLとOracleの結合/ JDeveloperによるXML開発 ほか)/ 3部 Oracle XMLアプリケーション(公開用フレームワークとしてXSQL Pagesを使う/ JavaによるXSQLとXSLTの拡張 ほか)/ 4部 付録(XMLヘルパパッケージ/ Oracle XSQL Servletのインストール ほか)

【著者紹介】
スティーブ・ミンチ : オラクル社内で、XML技術のエバンジェリストのリーダー的存在として、Oracle XSQL Pagesの開発を指揮した人物である。また、W3C(World Wide Web Consortium)のXSL作業分科会におけるオラクル代表委員の仕事をしながら、社内のプロダクトマネージャや、Oracle Buisiness Components for Java(Java/XMLベースのビジネスオブジェクトフレームワークを提供するシステム)の開発者のコンサルタント的な業務もこなしている。彼は同社での10年以上の経歴において、アプリケーション開発ツールやデータベースについてのサポート、開発、技術的な啓蒙活動とのかかわりが深く、OracleやXMLに関連するカンファレンスにも、たびたび講演者として招かれている。オラクルの開発チームが新しい開発プランにXMLとXSLT技術をうまく取り入れているのは、彼の業績によるところが大きい

赤木伸 : 日本オラクル株式会社製品マーケティング本部システム製品統括部サーバーテクノロジーグループ勤務。Oracle9i Databaseの機能評価を行うチームの一員として、B2Bに関する機能、特にXML関連の機能を調査する。データベースからアプリケーションに至るまで、OracleのXML技術に関して探求している

川道亮治 : 日本オラクル株式会社製品マーケティング本部システム製品統括部サーバーテクノロジーグループ勤務。Oracle9i Databaseの機能評価を行うチームの一員として、Javaに関する機能を調査する。XMLやデータベースに関しては、Javaとの連携に関して幅広い知識を持つ

佐藤直生 : 日本オラクル株式会社システムエンジニアリング本部インテグレーションセンターiASソリューショングループ勤務。Oracle9i Application Serverの機能評価を行うチームの一員として、Oracle9i PortalやOracle9i Wireless(Portal−to−Go)などの、ポータルサイトを構築する機能を主に調査する。ポータル環境とXMLとの関係について幅広い知識を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーブ・ミンチ

オラクル社内で、XML技術のエバンジェリストのリーダー的存在として、Oracle XSQL Pagesの開発を指揮した人物である。また、W3C(World Wide Web Consortium)のXSL作業分科会におけるオラクル代表委員の仕事をしながら、社内のプロダクトマネージャや、Oracle 

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品