新商品あり チケット受付中

スタジオジブリ レビュー一覧 6ページ目

スタジオジブリ | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

338件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ユニークなやりとりや話の成り行きが多いが、作品の雰...

    投稿日:2008/03/16

    ユニークなやりとりや話の成り行きが多いが、作品の雰囲気としてとてもメランコリックで人生の哀愁に満ちている。この映画が理解できない人は精神的にまだまだ未熟なんだと思う。ポルコが人間の顔に戻るのはきっと「人間も捨てたもんじゃない」ってふっと思ったときなんだろうな。最後のシーンはとても胸に沁みる。その他、音楽や声優、美術まで何もかも一流だと思う。ジブリの中でも出色。

    檸檬 さん

    2
  • 宮崎映画の中でいちばん好きかも。

    投稿日:2008/03/10

    宮崎映画の中でいちばん好きかも。

    なし さん

    0
  • 思うにこの映画は決して『答え』を出そうとはしていな...

    投稿日:2008/01/17

    思うにこの映画は決して『答え』を出そうとはしていない。問題提起をして観る人が各々で考える。簡単に答えが出るのならば、それこそつまらない。冒頭から中盤までは良く描かれていた。しかし、物語終盤アレンの最後の晴れ晴れしい姿はそれまでの苦しみや苦悩を全て乗り越えたように描かれているようで少しオーバーだった。演出の技量不足は否めない。

    ★4つ位 さん

    0
  • すごぃ青臭くて、何だか色々と疑問に思ぇる箇所も割と...

    投稿日:2007/12/12

    すごぃ青臭くて、何だか色々と疑問に思ぇる箇所も割とぁるんだけど、何かこの映像の夏の感ぢとかがすごぃ好き☆続けて何度も見たいとゎ思わないけど、たまにふと見たぃなって思っちゃぅ映画です。

    amanda さん

    0
  • トトロに亜ぐ傑作である

    投稿日:2007/12/09

    トトロに亜ぐ傑作である

    ねこ さん

    0
  • 宮崎アニメでは文句なしの最高傑作である 音楽といい...

    投稿日:2007/12/09

    宮崎アニメでは文句なしの最高傑作である 音楽といい申し分なし

    ねこ さん

    1
  • 素敵な作品だ 何度も見てると良さが分かってきた こ...

    投稿日:2007/10/16

    素敵な作品だ 何度も見てると良さが分かってきた このよさを言葉にしたくない魅力がある。

    hauru さん

    0
  • トウモロコシを抱えためいがあヤギと出会うシーン。ヤ...

    投稿日:2007/07/30

    トウモロコシを抱えためいがあヤギと出会うシーン。ヤギに上の前歯はありません。間違いですよ。

    kai さん

    0
  • 科学が可能にした奇跡にとり囲まれた生活をおくる現代...

    投稿日:2007/07/27

    科学が可能にした奇跡にとり囲まれた生活をおくる現代人は、普段全く接することのない大自然に対して無条件の憧れを抱いているようだ。本来あるはずもない「自然」の姿は彼らの心の中で理想化され、勝手に増殖し、現実の自然の姿を脇に押しやっている。ところが、「もののけ姫」世界の人々を支配しているのは、魔法のような科学の力ではなく、本来あるべき自然の絶対的な法則なのだ。彼らに残された選択肢は、大自然に支配されて生きることを容認して、明日も知れぬ世界を生きるか…それとも、無謀にも自然に対して勝ち目のない戦いを挑むかのどちらかである。「もののけ姫」が独特なのは、後者のタイプの人間が自然の法則を破壊する絶対的な悪として描いていないことである。愚かしくも、躍動感溢れた彼らもまた、他の動物達と同じように大自然を構成する一要素であり、世界にまた一つの色彩を与えている。これが本来あるべき、そして現代人が忘れかけている人間と自然の姿である。環境破壊が叫ばれる今日こそ、現在が人類の長い歴史の中で『極めて異常な時代』であることを自覚し、仮に『自然と共生することを望むのならば』、自然の中で人間がとるべき役割について真剣に考えるべきだ。この作品は

    ノノ さん |10代

    1
  • 『自分が、自分じゃなくな(以下略)』…テーマはでっかく...

    投稿日:2007/07/23

    『自分が、自分じゃなくな(以下略)』…テーマはでっかく銘打っているくせに、結局は本質的な解答を提示することができなかった。そのごまかし方もあまりに幼稚だ。主人公もヒロインもゲドも『何がしたいのか分からない』。何の躍動感も工夫もないシーンが延々と続くのはやめて欲しいと思った。吾郎監督はアニメを作る前に父親である駿監督のレクチャーを一時間でもうけていればよかったのに。まぁ…アニメの定義は『絵が連続して動くこと』。然り、そういう意味では「ゲド戦記」はれっきとしたアニメなのだろうが。個人的感想だが、レンタル代すら勿体なく感じる作品に久しぶりに出会えた。

    ノノ さん |10代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%