ジブリの教科書 6 おもひでぽろぽろ 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120053
ISBN 10 : 4168120058
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;16

内容詳細

子どもの頃から田舎に憧れる27歳のOL・タエ子は、親戚の農作業を手伝うため、休暇をとって夜行列車で山形へと向かう。その車中、小学生時代の記憶が溢れ出す。高畑勲の不朽の名作に岩井俊二、香山リカ、村山由佳らが多彩な切り口で迫る。制作当時の現場の様子や、タエ子役の今井美樹のインタビュー、男鹿和雄による美しい背景画も特別収録。

目次 : ノスタルジーの正体(ナビゲーター・岩井俊二)/ 1 映画『おもひでぽろぽろ』誕生(新生ジブリと『おもひでぽろぽろ』/ 鈴木敏夫―高畑勲と宮崎駿。二人の巨匠の「分かれ道」/ 宮崎駿―大ナマケモノの子孫 ほか)/ 2 『おもひでぽろぽろ』の制作現場(美術監督 男鹿和雄―「どこにでもある風景を、緊張感のある画面で」/ 紅花―その歴史的な魅力を探る/ キャラクター色彩設計 保田道世―「思いきって真っ白な画面に挑戦してみた『思い出編』」 ほか)/ 3 作品の背景を読み解く(村山由佳―人の手業が超えるもの/ 朝倉あき―冷静な視線と、冷静さを保てなくなる瞬間/ from overseas イグナシオ・フェレーラス―『おもひでぽろぽろ』について私が思うこと ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みのゆかパパ@ぼちぼち読んでます さん

    ジブリ作品「おもひでぽろぽろ」の制作に携わった人たちの言葉をまじえ、作品を深読みしていく一冊。技術的なことは正直ななめ読みだったけれど、作品に込められた作り手の思いやなんかにふれ、見返したくなる発見もあったりして、なかなか興味深い。ジブリもかかわってる本なのに、厳しめの批評が載っているところも面白い。このシリーズ、語りたいものがある作品のものをピックアップして読むのもいいけど、発表順にジブリの歴史を追うように読むと、さらにいろんな発見があって楽しそう。まあ、その前に「おもひでぽろぽろ」を見直してみますか。

  • はるき さん

     女の子が大人になっていく。今だったらコンプラ的にダメかもしれませんが、厳しくも愛情深い家庭で育つって大事なことです。子供時代を愛おしく思い出せるって幸せなことです。

  • ジブる さん

    おもひでぽろぽろ。 あんまり知られてないけど、すごっくいいお話。 人生の儚さを知るよね。

  • seya さん

    高畑さんの作品の中で、唯一、繰り返し見ている作品。細かく分析してしまうと魅力が半減してしまうような気が…。

  • いえろう さん

    高畑監督の感覚がすごく好きで読んでみた。映画と合わせて読むといろんなことが見えてくるな、と

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品