ジブリの教科書 18 風立ちぬ 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120176
ISBN 10 : 4168120171
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;16

内容詳細

零戦を設計した堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説にも着想を得て作られた。これを最後に宮崎駿が一度は引退発表した作品を読み解く。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ねこさん さん

    仕事に煮詰まって、初夏の夕暮れを感じながらそぞろ歩く。書店で目にとまったこの本をパラパラとめくっていたら、「忘れられない風がある」という書き出しのエッセイを読み始めていた。目眩がして、倒れそうになった。映画にせよ本にせよ今の自分が何を感じたか、思い出したか、とにかく個人的な体験に結びついた言葉は信頼できる。このエッセイを書いた小橋めぐみさんも受験にまつわる風のエピソードと、予告の「だあれが」に引っかかったことを書いている。読み解きは、自分でするのが楽しい。それを話せる人がいれば、もっと楽しいだろうと思う。

  • ぶっくみん さん

    わたしがジブリで一番好きな映画、風立ちぬ。 もうちょっと、宮崎駿さんや鈴木さんの話が聞きたかったけど、もう一回見たい!と思うには十分すぎた。 昭和、地震、結核、戦争、零戦、呪われた夢。誤解を恐れずに言えば、この言葉たちを「魅力的に捉えられる映画」は他にない。

  • てらさか さん

    裏話、作った背景、その他イメージイラストなど。震災描写についての思いもよく分かる。

  • nonta09 さん

    この表紙の青空が一番好きだ。困難な時代に懸命に生きる二郎達の人間ドラマも好きだけど、自分は二郎の夢や菜穂子との再開の際に出てきたこの青空が一番印象に残っている。

  • たけぐる さん

    風立ちぬという映画の志の高さに脱帽です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品