ジブリの教科書 13 ハウルの動く城 文春ジブリ文庫

スタジオジブリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168120121
ISBN 10 : 4168120120
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
214p;16

内容詳細

2004年に公開され、2年連続で興行成績ナンバー1となった宮崎駿監督作品。少女ソフィーと魔法使いハウルの運命…読み解き満載。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ともち さん

    図書館で見つけた。「ジブリの教科書」シリーズ知らなかった。『風の谷のナウシカ』からジブリ大好きの私。でも『ハウル…』はよくわからない部分があって消化不良気味だったところが解消された気分。ソフィーは荒地の魔女から老女の になる魔法をかけられたことにより今まであったコンプレックスという魔法から解放出来たんだ!美輪明宏さんの寄稿も必見だが、やはり鈴木プロデューサーのジブリや宮崎監督への愛情溢れる言葉の数々は素晴らしくって笑いまで出てくる。

  • はるき さん

    映画が公開された時、ヒロインとヒーローのキャスティングに仰天したものだ。けれど物語が進む内に、魔法にかけられたみたいに老婆の姿をした内気な女の子が可愛く思えてきた。原作を読んで、映画を見て、しっかり堪能した幸福な出会いであった。

  • ponnnakano さん

    この本を読み終わって階段のシーンを見たいと思い、家にあるDVDを見ていたら、そのシーンだけディスクが壊れていて見れなかったのだった、、、。買い直すか。

  • 三歩 さん

    相変わらず宮崎駿と鈴木敏夫のやりとりが面白い。特に「宣伝しない宣伝」に至った経緯は一興。『千と千尋〜』の興行記録は広告の力だといった一人のスタッフの言葉を気にして(?)普段宣伝に口出ししない宮崎監督が宣伝しない方針でいこうといったらしい(笑)純粋な作品の力を試したかったのだろう。しかし、この『ハウル〜』は宮崎監督作品の中でも作るのに苦労した作品でもあるという。それでもちゃんと形にした。スタジオジブリの制作力が垣間見える。動く城に関する制作の話も面白い。学べる所は多くある。正に教科書。

  • ふぃすか さん

    どうせ話変わるんだからって途中で原作を読むのやめたってくだりは笑ってしまった。誰が仰ってたかは忘れましたが。ダイアナさんはやはりヘビースモーカーだったのか…。イメージボードと美術ボードの掲載が嬉しい。ストーリー解題にはそこまで興味はないけど、制作者の談話はおもしろかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スタジオジブリに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品