ルインズ 廃墟の奥へ 下 扶桑社ミステリー

スコット・B.スミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594056063
ISBN 10 : 4594056067
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,349p

内容詳細

マヤ人に周囲をかこまれ退路を絶たれた6人に次々と災難が襲った。穴に落下し背中に瀕死の重傷を負ったパブロ。彼を救出しようとし脚に裂傷を負ったエリック。加えて手持ちの食料と飲み水が尽きかけていた。ジリジリと追い詰められる彼らに災禍は無慈悲に襲いかかる…。大ベストセラー『シンプル・プラン』で衝撃的なデビューを飾ったスコット・スミスが、長い沈黙を破って放つ、待望の第2作!メキシコの酷暑のジャングルで展開される息もつかせぬノンストップ・ホラー・サスペンス。

【著者紹介】
スコット・スミス : ニュージャージー州サミット生まれ。ダートマス・カレッジで心理学と文芸創作を修得後、コロンビア大学大学院で芸術学修士号を取得

近藤純夫 : 北海道・札幌市生まれ。翻訳家。エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星落秋風五丈原 さん

    『うっかり考えもせずに選んだところへ行ってしまうことがある。無計画だとそういうことが起きて、予定していた人生を全うせずに終ることになる。(p51)』4人のうちのひとり、ステイシーが思い出す叔父の忠告をなぞるように、彼等は「うっかり考えもせずに選んだところ」で、マヤ人の襲撃と意外な襲撃者に挟まれてしまう。襲撃者の持つ瞬間的な怖さ。仲間どうしの疑心暗鬼、食料不足による苛立ち、先に死んだ者の変貌など、じわじわと人の心を蝕む怖さ。速度の違う二種類の恐怖が相乗効果を上げる、出口なしの閉じ込められ系サスペンス。

  • キムチ27 さん

    和物にはない結末だった。惨劇と言うしかない・・日本人には受け入れ辛いエンディングを書けるのは人種の異なりか? 動物VS植物の闘い・・ベジタリアン、草食系という言葉の概念をガラガラと崩すなぁ〜 「彼ら」の話す言葉を異なるフォントで表す手法は生理的に違和感を高め、恐怖より嫌悪を高める。最後の数ページがどうしても読めず、飛ばし読み。 ホラーというよりカタルシスなきSF 。 かつて廃村を上から見下ろした事があった・・草に埋もれた人々の生活に 何かしらうそ寒さを感じた事を思い出す。

  • KOO さん

    メキシコのカンクンで出合った旅行者たちが行方不明になった弟を探しているドイツ人と知り合い残された地図をもとにジャングルの奥へ向かう。異国で文化も言葉も異なる状況で不安感だけが増していく前半から脅威にさらされながら水や食料もなく、隔絶された環境に追い込まれる後半ともに楽しめた。途中冗長なところもあった気はするが、本当にいやらしいタイミングで仕掛けてくる脅威に追い込まれていく人々の絶望が伝わってきた。ラストもあれでいいと思うが、もう少し脅威に対する説明がほしかった。映画化されているようなのでそちらも気になる。

  • さといも さん

    ネタバレ。ん〜。結局、あの場所はなんだったんだろう。結局明かされないままで終わってしまった。しかもバットエンディング。これはこれでありなのかも。面白かったです。

  • lico さん

    心も体も痛くなる本。 映画と比べると精神面の描写がかなりしっかりしている気がする。映画はスプラッタB級ホラーとしてみれば中々いい映画なので身体面での痛さなら映画。心のドロドロもみたいなら小説を読むと言うのがいいと思う。 足の治療シーンはどちらも甲乙つけがたい痛々しさでした。 良くも悪くもB級ホラーといった印象。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品